HIV陽性チャーリー・シーン断薬も「命があることに驚き」

1月12日(火)15時56分 Techinsight

チャーリー・シーン「まだ命があるとは…」(出典:https://www.instagram.com/dr_oz)

写真を拡大


昨年、HIV陽性であることを公表した俳優チャーリー・シーン(50)が人気番組に出演。そこでインタビューに応じたチャーリーは、断薬を試みたことを告白。さらに「今も生きていることに驚きを感じる」と語った。

このほど、『メジャーリーグ』シリーズなどで知られる俳優チャーリー・シーンがTV番組『ドクター・オズ・ショー』に出演。そこで「(HIVの)薬は副作用が多いんだ」「管理できる副作用ではあるけれど、しばらく断薬にチャレンジしてみた」と明かした。

「そう、好奇心があってね。」
「薬の服用をやめたらどうなるのか。それが知りたくなったんだ。」

「試す価値があると思った」というチャーリーだが、今では「より早い段階で全てを受け入れ改善を目指すべきだった」と後悔しているとのこと。その上で「今も自分に命がある。それに驚いているんだ」とも感慨深げに語った。

ちなみにチャーリーは「完治への道は必ず見つかる」と信じて前向きに暮らしており、昨年応じたTVインタビューでは「同じ病気に苦しむ人達の支えになりたい」とも語っていた。しかし今後は元パートナーらの起こす訴訟問題を抱えるとみられ、健康問題のみならず金銭問題の対応にも追われる可能性が高いと報じられている。

出典:https://www.instagram.com/dr_oz
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

HIVをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ