【連載】TVアニメ『スロウスタート』十倉栄依子 役・嶺内ともみインタビュー! 栄依子にとって物語序盤の注目シーンとは

1月13日(土)18時0分 アニメイトタイムズ

2018年1月よりTOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ『スロウスタート』(原作:篤見唯子/「まんがタイムきらら」にて連載中)。アニメイトタイムズでは公式サイトと連動して、メインキャストのみなさんやスタッフの方々を対象にした連載企画「animate Times Presents スロウスタート リレーインタビュー」のロング版を掲載しています。その第2回目に登場いただくのは、十倉栄依子 役・嶺内ともみさんです! 演じるキャラクターの印象をはじめ、栄依子ならではの質問にお答えいただきました。■■■連載バックナンバー
□https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1515151972 (【連載1】一之瀬花名 役・近藤玲奈さん)

 
栄依子は、ある意味一番普通の女の子
——演じられている(十倉)栄依子の第一印象はいかがでした?

十倉栄依子 役・嶺内ともみさん(以下、嶺内):面倒見がよさそうで、フットワークの軽い女の子だなと思いました。実際、花名たちのグループだけじゃなくて、ほかのグループの子とも仲がよくて、(その子を)オトすようなことまで言ったりしていて(笑)。でもいまは、見れば見るほどいろんな新しい面が見つかる面白い子だなと思っています。4人が仲良くなっていくにしたがって、「これは仲のいい人にしか見せないんだろうな」っていう表情やセリフがあったりするんです。——そんな栄依子の魅力というと、どんなところだと思います?

嶺内:私はすごく女の子らしいところが素敵だなと思ってます。女の子から見て、一番共感できるポイントが多いのは栄依子だと思うんですよ。振る舞いは普通じゃないことも多いんですけど(笑)、みんなで話しているときも友だち同士の関係をよく見ていて、自分のしたいことよりも人のしたいことを優先するところとか、家庭も意外と普通だったりして、ある意味一番普通の女の子だなって。男性から見ても「こういう子いたいたー!」となる、親近感のわきやすい子かなと思います。——自分と似ていると感じるところはありますか?

嶺内:栄依子は実は、4人でいるときはそんなにしゃべらないんですよ。たまてが一番しゃべってて、それに対してたまに口を挟むくらいで。私も人のことを見るのが好きで、自分がしゃべるよりも、「この人こういうことを考えてるんだ」って見てることが多いので、そういう立ち位置は、私とすごく近いなと思います。

——逆に自分にはとても真似できないなと感じるところは?

嶺内:あのコミュニケーション能力の高さは真似できないですね(笑)。作品のなかでも、知らない人に話しかけて連絡先を聞くシーンがあるんですけど、そういうところは普通の子じゃない、超人だなって思います(笑)。——そうした高校生離れした側面は、演じられるうえでも意識されてます?

嶺内:どちらかというと逆に、大人になりすぎないようにっていう点も気を付けるようにしていて。いくら大人っぽい女の子だと言っても、あくまで高校生で、同級生と比べると大人っぽいってだけだと思うんですね。楽しいときは高校生っぽく笑うし、先生とか大人を前にすると「やっぱり自分は子どもだな」って感じる部分はきっとあるんだろうなって思うんです。

——なるほど。ほかに何か役作りのためにやったことはありますか?

嶺内:栄依子には妹がいるんですけど、私自身は妹なのであまりお姉ちゃんの気持ちってわからなくて。なので、周りの女の子で、お姉ちゃんの子ってどんな感じの考え方や行動をしてるのかな、っていうのは思い出したりしましたね。それで最近はあらためて「お姉ちゃんって大変だったんだな」って感じてもいます(笑)。——アフレコ現場で印象的だったエピソードなどあれば教えてください。

嶺内:アフレコが終わったあとなんですけど、近藤さんにボールペンを貸したときに、すごく自然に「栄依子ちゃん!」って言って返されて(笑)。「あっ……ごめ〜ん」って、本人もびっくりしてて、あのときは「すご〜!」って思いましたね(笑)。


榎並先生との会話は、栄依子にとっても大事なシーン
——先日ついに第1話が放送されましたが、序盤でおすすめのシーンはありますか?

嶺内:第2話で、初めて(榎並)先生との会話が描かれるシーンがあるんですけど、そこはすごく気を付けて演じたところなので気に留めていただけたらうれしいですね。そのシーンではアイスについて他愛もない会話をするだけなんですけど、栄依子にとっても大事なシーンがすごく詰まってる回になるので、今後のスト—リーに向けて二人の微妙な距離感や関係性がどう変わっていくのかはこれから注目してみてほしいです。——また1月24日には、4人が歌うOP曲「ne! ne! ne!」が発売されます。どんな曲なのか簡単に説明してもらえるでしょうか。

嶺内:元気すぎず、大人しすぎず、ちょっと切なく感じるところもあり、でも高校生らしい元気なところもあったり、そういう両方の面を含んだ曲だと思ってます。私自身は、栄依子だったらどう感じるかなというのを考えて、あまりはしゃぎすぎないように、落ち着いて歌うことを意識しました。

——4人が歌うMVも作られたんですよね。

嶺内:MVはダンスが難しかったです(笑)。でも4人集まって踊るシーンでは、いつも仲のいい『スロウスタート』の4人の空気感があって、踊っててもすごく素敵だなって思いました。あとセットがものすごく凝っていて、特に背景のプロジェクションマッピングが本当にすごいので、観たらびっくりしてもらえると思います!



——続いて少しプライベートな質問になるのですが、嶺内さんはどんな高校時代を過ごされました?

嶺内:お昼には仲のいい子とご飯を食べながら、流行ってるアプリをやったりしてましたね。なので『スロウスタート』で4人をお昼を食べるシーンを観ていると「毎日こうしてたなー、懐かしいなー」って思います。

あとスポーツテストもやりましたね。私は体力はないんですけど、運動は好きで球技が得意だったので、栄依子の「飛距離たいしたことないけどコントロールはいいのよ」っていうセリフには「わかる〜!」ってなりました(笑)。

——今回のインタビュー連載ではリレー質問コーナーを設けています。前回、花名役の近藤(玲奈)さんからは、おしゃれな栄依子にちなんで「どんなファッションが好きですか?」という質問が来ているのですがいかがですか?

嶺内:ファッションですか〜。私、ワンピースがすごく好きで。上下でパッと着れちゃうのと、形が好きなんです。ジーンズは一着も持ってないくらい、スカートが落ち着きますね。——また栄依子と言えばピンですが……。

嶺内:あっ、『スロウスタート』をはじめてから、ニコ生とかでもヘアピンをつけることが多くなって。それまではほとんど付けてこなかったんですけど、最近は自分でも、何かかわいいヘアピンないかな〜って探すようになりましたね。原作の篤見先生からも、誕生日プレゼントにすごく栄依子らしいヘアピンをいただけて、「先生さすが〜」って思ったので、発売イベントでも付けてみたいです。

——では次に登場する長縄(まりあ)さんに聞いてみたい質問はありますか?

嶺内:そうですね……。じゃあ前に長縄さんが、飼えるなら猫を飼いたいと言っていたので、「もしペットを飼えるなら、何の動物を飼いますか。またなんて名前を付けますか?」というのでお願いします。あ、冠はなごみとすごみという、2匹の猫を飼ってるので、「2匹」で!——最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

嶺内:4人はまだ出会ったばかりですけど、話が進むにつれてみんなの距離感が近くなっていって、反応なんかも変わってくるので、毎話そういう関係性の変化を感じ取ってもらえたらうれしいです。自分の本当の気持ちとかって仲良くないと言えないものだと思うので、「本当はこういう子なんだな」「こういう面もある子なんだな」っていうのをみなさんのなかでも積み重ねていっていただけたら、どんどん面白く観ていただけるんじゃないかと思います。

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

連載をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ