ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“MAX機が打てるのは4月末まで <海物語狙い>が勝利の方程式だ!”

1月13日(水)1時54分 アサ芸プラス

◆よもやま話「2016年」

 今年は次のような年になることが予想されます。

●1月から4月末まではMAX機とハイミドル機が完全撤収に向かう。

●5月は伊勢志摩サミット(5月26日・27日)に備えて、恒例の「サミット自粛」として、警察が警備に当たっている間はイベントも新台もほぼ皆無に。

●7月の参院選(もしくは衆参ダブル選挙‥‥?)のワタワタも終え、怒濤の新台攻勢が予想される。

●9月。今年はシルバーウイークがないため、客離れに拍車がかかると予想。

 これらを踏まえると、パチンコ全体としては、キビシイ年になるでしょう。

◆実戦指南「年間通して海物語メインの立ち回り」

 ミドル機で実績があるのは、今や海だけ。MAX機が得意でなかった三洋ですが、それが幸いして、他のメーカーのようにMAX頼みにならなかったのは完全な追い風。冒頭に記したとおり、この先の半年弱でMAX機が消えていく今年は、三洋の独壇場になるのではないでしょうか。

 そんな中、現在進行形で今、いちばんおいしいのは、スーパー海INジャパン! この台のデビューで型落ち台になった「大海3アグネス・ラム」。“1つ前のヒットした海狙い”は、今なお“鉄の方程式”です。

 対抗はイベント日のジャパンを直球狙いです。ちなみに、このジャパンは浴衣、花火、水着姿など、夏がテーマで、これは夏まで売れると見越したメーカーの自信の表れに他ならず、実際クオリティは現存台の中でもぬきんでています。

 そしてジャパンの人気が落ち着いた頃に「甘デジバージョン」が出て、ここでまた、1つ前が狙い目になる法則発動を考えたら、ひょっとすると今年は1年を通してこの“海押し”まであるかも。

◆月の指南「1月の戦略」

 1月は年末年始に売り上げが伸びるため、月の中盤から後半が狙い目なのは毎年のパターンなのですが、今年は月全体がチャンス。何しろ昨年は規則改正のたびに、ホールは焼け太りし、お客も十分な還元を受けました。

 結果、メーカーだけが独り負けしましたが、内訳は「弱小&凝り固まったメーカーの独り負け」なだけで、強い&臨機応変なメーカーは、今回の台・総入れ替えで書き入れ時がきました。

 というわけで、実力あるメーカーも安泰、店は引き続き出しの路線でいくと思われますので、我々ファンは風任せで遊んでおけばいいでしょう。

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴30年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として19年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ギャンブルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ