天才テリー伊藤対談「野沢直子」(2)バラエティで相当ムチャやったよな

1月13日(水)1時57分 アサ芸プラス

テリー 日本とアメリカを行ったり来たりしてる野沢から見て、最近の日本のテレビの印象はどう?

野沢 やっぱり、年々規制が厳しくなってる感じはしますね。「あれ言っちゃダメ、これ言っちゃいけない」っていうのが窮屈で。

テリー そうだろうな。

野沢 本人を前にして何ですけど、テリーさんが演出家だった頃、いちばんテレビがおもしろかったなって、あらためて思いますね。

テリー あの頃は何でもできたからな。

野沢 テリーさん、ひどいことしてましたよね。

テリー うん。というか、ひどいことしかしてないよな(笑)。

野沢 私がすごくよく覚えてるのは、六本木のレストランの中でスモークをたいて、煙に耐えられなくて外に出てきた芸能人を巨大ビニール袋で捕まえるっていうロケ(笑)。

テリー あったなぁ。今なら絶対コンプライアンスに引っ掛かるよ。

野沢 ハハハ、そんな他人事みたいに。あと、テリーさんのロケは何でも必ず爆発するんです。

テリー アハハハハ! そうそう、爆発が好きだったんだよ。たしか整形した女のコの手術前の写真を爆破して、「昔の自分とはおさらばしろよ!」っていうのもやったなぁ。

野沢 アハハ、意味がわかんないですよね。でも、そういうことをやるのが本当におもしろかった。

テリー アメリカのテレビはどうなの? ケーブルテレビあたりは今でもバカバカしそうだけど。

野沢 そうそう、今テリーさんがやってた「(ビートたけしのお笑い)ウルトラクイズ」をかなりパクってるような番組が、向こうではやってるんですよ。あれから相当たっているのに、これ、すごいことですよね。

テリー そうなんだ、あれもムチャやったよな。

野沢 大勢の芸人さんを乗せたバスを海に沈めて、開いた窓から脱出できるかっていうの、やってましたよね。私も現場にいましたけど、あんなの、ガチで死んじゃいますよ(笑)。

テリー あ〜、あれ、危なかったんだよ。

野沢 よく言いますよ、自分でやらせといて(笑)。

テリー 何で危なかったかったというと。バスを沈めたら座席のマットが浮かんじゃったんだ。あれは予想外だったな。マットでバス内の空気のスペースが埋まって、すぐ息ができなくなってね。あと、あの日は予想以上に海が荒れていた。

野沢 アハハハハ! 簡単に言ってますけど、あの時、さすがに緊迫しましたね。

テリー うん、あれは俺も何人か死んだかなって思った(笑)。

野沢 あと、芸人さんとワニが対決するみたいな企画もありましたよね。

テリー あった、あった。でも、今はもう大きなワニはダメなんだよ。昔は(静岡県の伊豆にある)熱川バナナワニ園がどんな撮影でも受け入れてくれたんだけど、もう撮影禁止になっちゃったみたいだね。

野沢 それ、テリーさんのせいじゃないですか?

テリー いや、俺のせいじゃないよ‥‥たぶん(笑)。だから今、ワニを使ったロケをしようと思うと、タイまで行かなきゃならない。昔はサファリパークなんかも、好きなことさせてくれたんだけどね。

野沢 ホント、そうですよね。あの頃はそれが当たり前だと思ってやってましたけど、今になって考えるとすごかったんだなぁって。

テリー 俺はずっと、そういうのやっていたいんだけどね。残りの人生も、バカばっかりやっていたいな。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

天才をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ