【一杯酒場】東京・茅場町「新川 もつよし」

1月13日(金)5時54分 アサ芸プラス

短冊メニューにキンミヤボトルの正統派 甘辛い豚肉めしの「アタマ」をホッピーで

 オフィス街ならではの名店も多く、わざわざこの街を目指して飲みにくる酒場ファンも多い町、茅場町。中でも、創業から5年目と若い店ながら、正統派の大衆酒場として人気を集めるのが「もつよし」だ。

 コンパクトな長方形の店内、壁には目に楽しい短冊メニューが並び、棚にはキンミヤ焼酎のキープボトルがずらり。この雰囲気を喜ばない飲兵衛はいないだろう。ご主人はもともと焼き鳥屋で修行を積んだ人で、串ものはどれも一級品。のみならず、冷製のモツ刺しや、各種モツの「にんにく和え」、さらにずらりと並ぶ一品料理まで、どれもこれも酒を呼び、かつ驚くほど手頃なのが嬉しい。

 素朴さが嬉しい「自家製マカロニサラダ」はなんと280円!小鍋仕立てでモツたっぷり、そこに豆腐がどーんと入った「煮込み」も、これで380円というのだから驚く。忘れずに味わいたい「豚皿」は、ランチの人気メニュー「豚肉めし」のアタマ。甘辛く煮込まれた食べ応え満点の豚バラ肉をホッピーで流し込めば、仕事の疲れなどどこへやらだ。

 最近、近くに系列店もでき「椅子に背もたれがあるからさ、最近はみんなあっちに行ってますよ」と笑うご主人。この笑顔もまた、常連をひきつける理由のひとつなのだろう。

■新川 もつよし

住所:東京都中央区新川1-10-11 電話:03-3555-0737 営業時間:11:30〜13:30(ランチ)、17:00〜23:00 定休日:日(土曜はランチ営業なし)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

茅場町をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ