TOKIO長瀬智也、地獄の鬼役に思い入れ!「おれじゃなければ、やきもち焼いた」

1月13日(水)20時15分 シネマカフェ

神木隆之介/『TOO YOUNG TO DIE ! 若くして死ぬ 』完成披露試写会

写真を拡大

「TOKIO」の長瀬智也が1月13日(水)、都内で行われた主演作『TOO YOUNG TO DIE ! 若くして死ぬ 』の完成披露試写会に出席。地獄でロックバンドを率いる赤鬼という役どころに「(演じるのが)おれじゃなければ、やきもちを焼いていたはず」と強い思い入れを示した。

映画は不慮の事故で地獄に落ちた高校生・大助が、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼キラーK(長瀬さん)と出会い、バンドを結成する前代未聞の“青春地獄コメディ”。長瀬さんは「いままで見たことない、そしてこれからも見ることのない作品。大好きだと誇れる」と胸を張った。

完成披露試写会には長瀬さんをはじめ、大助を演じる神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、監督・脚本を手がける宮藤官九郎が出席。地獄を舞台に選んだ理由を、宮藤監督は「逆になんで、いままで地獄が舞台のコメディがなかったのかと思う。自分では奇をてらったわけじゃない」と説明。「来世の本を読んでも、極楽のことは2ページくらい(笑)。地獄については事細かく書いてあって、きっとみんな地獄について考えるのが好きなんじゃないかなと。こんな地獄なら落ちてもいいかなと思ってもらえれば」とアピールした。

「本当に何も考えず楽しめる作品。ハチャメチャだけど、とても人間味にあふれていて、心が温まる作品」と語るのは、“地獄に落ちた”神木さん。共演陣も「くだらないことしかしていない」(尾野さん)、「ジェットコースターに乗っているみたいな映画」(森川さん)、「そこそこの悩みだったら、この映画が吹き飛ばしてくれる」(桐谷さん)、「くだらないことを全力でやっている」(清野さん)と本作の撮影を存分に楽しんだ様子だった。

舞台挨拶では、長瀬さんが、桐谷さんにCMで歌う「海の声」や即興ラップを“無茶ぶり”する場面も。桐谷さんは「ほんま、鬼やで〜」とタジタジだった。

『TOO YOUNG TO DIE ! 若くして死ぬ』は2月6日(土)より公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

TOKIOをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ