アナ・ケンドリック、ディズニー映画で女性版“サンタクロース”に?

1月13日(金)19時0分 シネマカフェ

アナ・ケンドリック-(C) Getty Images

写真を拡大

アナ・ケンドリックがディズニー映画『Nicole』(原題)の主人公「サンタクロース」の娘役の候補として出演交渉中だという。複数メディアが報じている。

「Variety」誌によると『Nicole』(原題)は「サンタクロース」を引退することになった父から、怖気づいた兄弟に代わって家業を継ぐ娘の物語だそうだ。

脚本・監督は『ラブソングができるまで』のマーク・ローレンス。ローレンスにとってはヒュー・グラント主演作の『Re:Life〜リライフ〜』(2014年製作)以来3年ぶりの監督作となる。プロデューサーは、ディズニー映画の『アリス・イン・ワンダーランド』も担当したズザンヌ・トットが務める。素晴らしい歌声を持つアナではあるが、『Nicole』(原題)はミュージカル映画ではないとのこと。

2009年製作の『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で助演女優賞にノミネートされて以来、演技派女優として活躍するアナ。いま最も旬な女優の1人としてハリウッドで引く手あまたの存在だ。現在は12月22日にアメリカで公開予定の『ピッチ・パーフェクト3』の撮影中。女性版「サンタクロース」の出演交渉がうまくいくよう願いたい。

(C) BANG Media International

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サンタクロースをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ