【予告編】ケツメ「さくら」を井上苑子がカバー! 中川大志&平祐奈『ReLIFE』のEDに決定

1月13日(金)12時5分 シネマカフェ

『ReLIFE リライフ』(C)2017「ReLIFE」製作委員会 (C)夜宵草/comico

写真を拡大

無料マンガアプリ「comico」の人気漫画を、中川大志と平祐奈のW主演で実写化する『ReLIFE リライフ』。この度、本作の30秒予告動画が公開された。

主人公・海崎新太27歳。現在ニート。大学院を卒業後、入社した会社はたったの3か月で自主退職。その後、再就職できないままコンビニでアルバイトを続ける日々。大学時代の友人に誘われた飲み会では、スーツを着てサラリーマンのフリ。そんな彼の前に突然現れた謎の男。「人生、やり直しませんか?」“リライフ研究所”の所員と名乗る謎の男・夜明了から提案されたのは、薬で見た目だけ若返り、1年間、高校生活を送るという実験の被験者。なかば自暴自棄で、薬を飲んでしまう海崎。まさかの27歳男子の青春学園生活が幕を開ける。

そして始まる2度目の学園生活。そこで出会うのは、成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴 、頭と顔はいいがほかはいろいろと残念な大神和臣、負けん気の強い毒舌女子・狩生玲奈など個性豊かな面々。やがて打ち解けていき、気づけば彼らはかけがえのない仲間に。一方、一生懸命な日代に恋心を抱くようになるが…相手は10歳も年下の女子高生。実験が終われば記憶も消える、切ないラブストーリーの結末は? そして、リライフを終えた海崎が新たに選択する未来とは——?

今回初の映画本編映像として公開されたのは、W主演の中川さんと平さんの2人はもちろん、新太に「人生、やり直しませんか?」と、社会復帰プログラム「リライフ」への参加を持ちかけるリライフ研究所職員・夜明了役の千葉雄大や、高杉真宙演じる一見“チャラ男”に見られがちだが、実は優等生な大神和臣らの姿を捉えた予告編。

また本作の主題歌には、女子高校生を中心に絶大な支持を集め、いま大活躍中のシンガーソングライター・井上苑子の新曲が起用されることが決定しているが、その井上さんがエンディングテーマも担当! その楽曲は、2005年14枚目のシングルとしてリリースされ大ヒットとなった「ケツメイシ」の「さくら」をカバーしたもの。今回解禁された予告編でも使用されており、ストーリーの内容と曲、歌声が見事に融合している。


企画プロデューサーは「本映画の主人公の海崎が中高生の青春時代に聴いていたであろう曲という目線で、10年前の名曲を探していたところ、『さくら』に出会いました。楽曲の中で歌われる歌詞の世界観は、まさに作品にぴったり。この曲しかない! と運命的なものを感じ、カバーのオファーをしました」と楽曲の起用理由を語っている。

なお、楽曲のラップパートでは、スペシャルコラボが決定。詳細は後日発表予定となっており、こちらにも引き続き注目していたい。

『ReLIFE リライフ』は4月15日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中川大志をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ