ガシャポンに「パチッと切りかえ!ココロスイッチ」 「泣く⇔笑う」など全12種類

1月13日(月)11時0分 J-CASTニュース

(C)BANDAI

写真を拡大

   バンダイは2014年1月14日、スイッチを上下にパチパチと切りかえる感覚が病みつきになる「パチッと切りかえ!ココロスイッチ」を、自販機専用カプセル商品(ガシャポン)として発売する。1回100円(1カプセル1個入り)。



上下で異なる2種類の感触

   世界累計335万個を販売した「∞(むげん)プチプチ」の考案者であるバンダイの開発担当者・高橋晋平さんが企画。「さわりたい!」「つぶしたい!」という人間の本能に訴えた「∞プチプチ」同様に、「スイッチを見たらパチパチしたくなる!」という人の本能に訴える商品となっている。


   スイッチを切りかえるときの感触にこだわり、下側に切りかえるときはパチッと1回、上側に切りかえるときはパチパチッと2回押し込む仕組みを取り入れ、スイッチを切りかえるときに、異なる2種類の感触が楽しめるようにした。


   全12種類で、それぞれ「急げ!⇔落ち着け!」「出世⇔私は私。」「やりきる⇔断念」「泣く⇔笑う」など、心を切りかえるときに役立つ一言が添えられている。


   サイズは長さ30×幅36×高さ15ミリ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バンダイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ