ASKAは一体どうしてしまったのか またまたブログに書き込み、削除?

1月13日(水)19時32分 J-CASTニュース

ASKAさんのブログだったのか

写真を拡大

覚醒剤事件についてブログに書いて波紋を呼んだASKAさん(57)が、また別のブログを書いていた可能性があることが分かった。このブログも削除されており、ファンらからは戸惑いの声が漏れている。

覚醒剤に手を出したのは、ネットストーカーによる盗聴・盗撮と戦うため——ASKAさんは2016年1月9日のブログで、こんな根拠の分からない釈明をつづっていた。



覚醒剤事件を書いたブログは、運営元が削除したと主張



ブログは、20章にもわたって10万字近くも書き込まれていたが、数時間後には削除されてしまった。


その後、別の運営元で11日に始められたブログに、ASKAさん名で書き込みがあったと話題になった。


10万字のブログは、ASKAさんの周囲が気づいて削除させたという報道があったが、今回のブログでは、事務所や家族が削除したというのはウソだと主張した。実際に削除したのは、10万字ブログの運営元だというのだ。


ブログでは仮名で登場人物を書いていて規約違反はないのに、削除したのはなぜなのかと不満を漏らしている。別アカウントを作って対応したが、また削除されてしまったという。


10万字ブログでは、音楽活動の再開に意欲を示していたが、今回のブログでは、ネットストーカーによってここ3年間で作った50曲が削除されてしまったと訴えた。遠隔操作でパスワードを変えられてしまったため、パソコンにログインできなかったが、リセットパスワードを使ってやっとログインできたとも言っている。


ネット上では、ASKAさんは統合失調症ではないかと指摘されているが、主治医からは、そうではないと診断されていると反論した。



「被害妄想目立つ なかなか難しい」「もう書かないほうが」



今回のブログでは、ASKAさん名で1月12日も更新され、第3の運営元でも同じブログを書いていたことも明かした。実際、削除されているものの、このブログのキャッシュは残っていた。


さらに、13日にもブログが書かれており、削除された50曲については外付けハードディスクに音源が残っており、復旧に成功したと報告した。そのことを受けて、「急に、元気になりました」と書かれていた。しかし、この更新を最後に、ブログが削除されている。


今回のブログを巡っては、同じIDで過去にオークションに参加していたことが分かった。その履歴を見ると、ASKAさんが音楽番組などで好きだと明かしていた宙に浮くコマやカセットレコーダーなどを落札しており、そのことなどを根拠にブログはASKAさんが書いたものだとみられている。


ネット上では、楽曲が復旧できてよかったとの声がファンから上がる一方で、


「被害妄想目立つ なかなか難しい」「もう書かないほうが」といった戸惑いも出ている。


事実関係を確かめようと、ASKAさんが所属しているとされる事務所に取材しようとしたが、何度電話をかけてもつながらなかった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ASKAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ