全長95センチの「宇宙戦艦ヤマト2202」 ダイキャストモデル作れるマガジン

1月13日(日)15時0分 J-CASTニュース

多彩なギミックを備えたビックスケールモデルが完成

写真を拡大

分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、パートワークマガジン「宇宙戦艦ヤマト2202 ダイキャストギミックモデルをつくる」を2019年1月30日に創刊する。

メカ解説やキャラクター紹介、ストーリー解説などで構成



毎号付属するパーツを集めて組み立てると、アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」に登場する「宇宙戦艦ヤマト」の1/350スケール、全長95センチのダイキャストモデルが完成する。



西暦2202年に改装されたという劇中の姿を忠実に再現。波動砲や波動エンジン、艦橋などに発光ギミックを備えたほか、専用コントローラーにより様々なアクションの操作が可能。可動ギミックとサウンドの組み合わせにより臨場感あふれる劇中シーンを再現できる。



マガジンでは組み立てガイドのほか、地球防衛軍やガトランティス、ガミラスなどのメカを解説する「宇宙艦艇ファイル」、ヤマトのクルーを含む各キャラクターを紹介する「キャラクターファイル」、アニメ第1〜7章・全26話のストーリー解説などで構成される。



刊行号数は全110号の予定。なお、同社ウェブサイトでは定期購読を受付中で、全員に「特製パーツボックス」、「艦載機」3種、「スペックプレート」、「ヤマトクルーIDカード」をプレゼントする。また4号以降に毎号250円(税込)追加することで、最終号と同時にオリジナルディスプレイケースが届けられるというプレミアム定期購読も用意する。



創刊号の価格は277円(税別)。2号以降は1666円(同)。

J-CASTニュース

「宇宙戦艦ヤマト」をもっと詳しく

「宇宙戦艦ヤマト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ