「サンダーバード」秘密基地が組み立てられるキット付きマガジン

1月13日(月)18時0分 J-CASTニュース

特撮番組の金字塔「サンダーバード」秘密基地が蘇る

写真を拡大

デアゴスティーニ・ジャパンは、特撮番組「サンダーバード」に登場する秘密基地が作れるキット付きマガジン「週刊『サンダーバード秘密基地』」創刊号を、2020年1月14日に全国の書店および同社ウェブサイトで発売する。

刊行号数は全110号の予定



1960年代に放送された同作に登場する秘密基地を、救助メカの発進プロセスから格納庫の内部構造まで徹底的に作り込むなど細部まで完全再現したという。



点在する建造物とインテリア、プールや滑走路など「トレーシー島」の外観から、地下に広がる「国際救助隊」の基地はサンダーバード1〜5号機まで発進基地ごとに5分割され、それぞれの地表部分を外すと救助メカや格納庫などの内部施設が出現。



サンダーバード1〜5号機など全24種・29機を設置でき、各メカの発進シーンをモーター駆動やLEDライト、エンジン音などのサウンドとともに再現可能。各ギミックはリモコンで操作できる。



マガジンでは、組み立て方を写真とともに分かりやすく解説した「ビルドアップガイド」のほか、建造物の特徴や役割を解説する連載、撮影当時のメイキング情報やエピソードなどを網羅。同作の生みの親、ジェリー・アンダーソンにスポットを当て、特撮映像クリエイターとしての源泉や業績にも迫るという。



刊行号数は全110号の予定。



価格は、創刊号が499円、第2号が1099円、第3号以降が1890円(全て税込)。

J-CASTニュース

「サンダーバード」をもっと詳しく

「サンダーバード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ