綾野剛『コウノドリ』共演の星野源にねだった生恋ダンスの夜

1月13日(土)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


綾野剛さんにはオファーが殺到しており、すでに2018年も映画2本とドラマ2本の出演が決まっていると聞いています」(テレビ局関係者)


昨年主演したドラマ『コウノドリ2』の平均視聴率も11.9パーセントと好評だった俳優・綾野剛(35)。12月22日に東京都内で行われた打ち上げも大いに盛り上がったという。


「制作スタッフたちも『ぜひスピンオフ作品を!』と口々に言っていました。綾野剛さんは、共演者やスタッフたち1人ずつに声をかけていました。『あのときのシーン、すごく助かった』とかエピソード付きで感謝の言葉をかけてくれたので、みんな喜んでいました」(打ち上げに参加したスタッフの1人)


打ち上げの目玉となったのはピアニスト・清塚信也(35)や星野源(36)による生演奏だったという。星野は、まず『Family Song』の弾き語りを披露。


「星野さんとしては1曲だけのつもりだったようです。ところが綾野さんがステージに近づいてきて……」(前出・スタッフ)


「これで終わりじゃないよね!」「まさか1曲だけじゃないよね」と、綾野は星野にアンコールをねだったという。実は『コウノドリ』の制作スタッフと、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のスタッフはかなりかぶっていた。


「そこで星野さんが選んだのは『恋』でした。星野さんも、スタッフたちも恋ダンスを踊りまくって、綾野さんもすごく楽しそうでした」(前出・スタッフ)


打ち上げは2次会も含め9時間ほど。綾野もスタッフたちの拍手に包まれながら、会場を後にした。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

綾野剛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ