注目ワードメキシコ・地震 同人誌・最大約1596冊の同人誌 中川翔子・マミタス 香取慎吾・スマステ 麻生太郎・麻生氏 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

浅井企画の大逆襲! ずん、どぶろっく、流れ星...人気芸人を生み出す秘密

メンズサイゾー1月13日(火)22時0分
画像:浅井企画の大逆襲! ずん、どぶろっく、流れ星...人気芸人を生み出す秘密
写真を拡大

 浅井企画といえば今年創立47年、東京・五反田に構える老舗のお笑いプロダクションだ。しかし100人を超えるタレントが在籍する大所帯でありながら、これまで浅井企画の芸人と聞いて思い出すのは、萩本欽一と坂上二郎による『コント55号』を始めとして、関根勤、小堺一機、『キャイ〜ン』といった面々くらいのものだった。しかしここに来て、そのイメージが大きく変わりつつあるようだ。


 芸人仲間や業界関係者の間では絶大な人気を誇っていた『ずん』の飯尾和樹が、レポーターや芸人大喜利王決定戦『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)の回答者として大ブレイク。さらには『どぶろっく』が、子どもから若い女性を中心に妄想ソング「もしかしてだけど」旋風を巻きおこし、また『流れ星』はギャグメーカーのちゅうえいの一発ギャグが大ウケ。3組とも、今最も勢いのある芸人に数えられている。


 「実力派芸人を抱える古き良き事務所」というイメージを長らく持たれてきた浅井企画が変わりつつあるのか、それとも人気芸人の相次ぐ輩出は一過性のものなのか? 関係者に聞いてみた。


「まず、古参の芸人プロダクションだった浅井企画を変えたのは、関根勤さんの一人娘・関根麻里さんの登場が大きい。父親譲りのモノマネをやることくらいしか注目されなかった彼女ですが、2008年、人気トークバラエティ『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のMCに抜擢されると、その頭の回転の良さと器量の良さ、堂々たる仕切りによって各局からオファーが殺到しました。そして、間もなく浅井企画のスポークスマン的存在となったのです。このことで、浅井企画の芸人も売り込みやすくなりました」(在京テレビ関係者)


 浅井企画はキャイ〜ンのブレイク後は、長らくスターが誕生していなかった。再ブレイクしたはずのルー大柴は、その後事務所を辞めて元マネージャーと独立している。「商材」となるタレントはたくさんいたものの、売り込むチャンスがなく、芸人の多くが「不良債権化」と言える状態にあった。


「関根麻里さんの成功によって、彼女の出演する番組に芸人を出したり、別の番組にも出させることができたのです。こうして地力がもともとあった『ずん』の飯尾さんは、単なるマニアックな一発ギャグマシーンから、独特の間でツッコミができるタレビタレントに成長することになりました」(前出同)


 芸人に絶対的に必要と言われる"華"をお世辞にも持っているとは言い難い『ずん』がお笑い界でブレイクできたのは、ある意味で奇跡かもしれない。もちろん、相方のやすも、今プチブレイク中の元柔道家・篠原信一氏のモノマネなどを武器に、地道に頑張っている。


 ずんと同じくコンビ歴15年、「次こそは売れる、売れる」と言われながらなかなか芽が出なかったのが、"300個のギャグを持つ男"ちゅうえいとイケメンで天然の瀧上伸一郎による『流れ星』だ。


 2012年末、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』のコーナー『おもしろ荘』で優勝、2013年には『THE MANZAI 2013』(フジテレビ系)で敗者復活を意味する「ワイルドカード枠」で出場と、ことあるごとに話題を集めていた『流れ星』だが、世間的な認知を得たのが、2014年6月『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の一発ギャグの大会企画「一発ギャグブルドン」での優勝だろう。


「長らく"ギャグマシーン芸人枠"はFUJIWARAの原西孝幸しかいなかった。供給過剰と言われる芸人の世界にあっても、そのときの不足枠を見極め、食い込むことで、今の位置をキープできるのだと思います」(前出同)


 最後にコンビ歴10年の『どぶろっく』。浅井企画は欽ちゃんの時代から「下ネタ」を嫌う社風があったが、その伝統を打ち破った形となった。


「当初どぶろっくの存在は社長にも隠していた本当の"秘蔵っ子"だったようです。社風を現場でマネージメントする側がいい意味で崩し、許容しているからこそ、どぶろっくも自由に活躍できるのではないでしょうか」(前出同)


 また関係者は最後にこう結んだ。


「浅井企画のマネージャーは人間的に魅力のある優秀な人たちが多く、当然テレビ関係者からも信頼が厚い。『このマネージャーの言うことなら』とマネージャーを信頼して所属タレントを使うこともある」(前出同)


 つまりは、地力はもともとある3組だったが、関根麻里の活躍によって浅井企画のポジションが広がったこと、さらには現場のマネージャーによる働きによって彼らの活躍がさらに増したと言えそうだ。今年はどんな芸人が浅井企画から飛び出すのか大いに楽しみである。
(文=今井良介)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「芸人」をもっと詳しく

注目ニュース
しょこたんの愛猫マミタスが急死 ナリナリドットコム9月23日(土)20時30分
タレントの中川翔子(32歳)が9月23日、自身のTwitterで、愛猫のマミタスが急死したとファンに報告している。[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的! アサ芸プラス9月23日(土)17時59分
興行成績ランキングで、初登場5位で、その後は10位圏外という山崎賢人主演の映画「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章」。[ 記事全文 ]
板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢 まいじつ9月22日(金)16時0分
(C)まいじつ9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと武井咲と結婚を発表した。[ 記事全文 ]
香取慎吾、最終回出演前ファンに笑顔で手を振る 日刊スポーツ9月23日(土)20時16分
ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの香取慎吾(40)が23日、司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜午後11時05…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア