82歳の男性を逆ナン! 杉原杏璃、吉木りさ...人気グラドルが“匂いフェチ“告白

1月13日(火)16時0分 メンズサイゾー

 12日深夜放送のバラエティ番組『ヒミツの恋バナナ』(TBS系)に、グラビアアイドルたちが出演し、「匂い好き」を告白した。男性に対して特殊な好みを持つ女性として番組に登場したのは、杉原杏璃(32)、吉木りさ(27)など。「人間本来の匂いが好き」だと主張する彼女たちは、MCを務めるバナナマンを相手に独特の恋愛観を披露した。


 男性の匂いが好きだというヒミツを明かしたのは、杉原や吉木のほか、原アンナ(29)、脇田恵子(22)などのグラドルやモデルたち。スタジオに登場するや、交際相手を選ぶ際には匂いが一番大事だと断言する彼女たちは、合コンなどに行った際、居酒屋で靴を脱ぐ場面があれば、わざわざ足の匂いを嗅ぎにいくといった話題で大盛り上がり。特に臭い足が好きだという脇田は、「温もりのある匂いじゃなきゃ意味がない」と語り、「冷めてしまった靴下は、ただのゴミ」と独自の価値観を熱弁した。


 また、「口臭好き」だと告白した原は、日村勇紀(42)の口元に顔を近づけ、直接匂いを嗅ぐ姿を披露。しかし、日村の匂いは原の好みではなかったらしく、「シンプルにちょっと臭い...」と苦笑い。「ヘソの匂いが好き」だという杉原も、日村のヘソに指を突っ込んでから匂いを嗅いだが、「サルのケツの匂い!」「強烈すぎ!」と悶絶していた。男性の体臭が好きだという彼女たちだが、やはりそれぞれに好みの匂いは存在するようだ。


 そんな杉原や原と同じく匂いフェチの女性として登場したタレントの田中優美(22)は、「加齢臭好き」をアピール。中年男性の匂いが好きすぎて、これまで交際した男性も年上ばかりだと告白した。そして田中は、「20歳のころ、82歳の男性お付き合いをさせてもらったことがある」と驚きの恋愛歴を発表。電車に乗っていたときに、「いい匂いがするなぁって思って、匂いの元を探したら、その男性だった」と言い、「私から声をかけ、連絡先を教えてもらった」と逆ナンし、その後男女の関係になったと話した。


 田中の恋愛対象は「50歳以上」とのことで、82歳の男性のほか、これまでにも「年上の人ばかり」と交際してきた模様。番組内では、MCの設楽統(41)が何度も「テレビに映りたいから(そんなことを)言ってるんでしょ?」とツッこんでいたが、田中をはじめ、出演した女性タレントたちは、大きく首を振って、純粋な匂いフェチであることを主張した。


「これまで杉原さんなどは、バラエティ番組やラジオで男性の分泌液が好きだと告白しています。今回の番組で話していた、着古した彼氏のTシャツを持ち帰って、次に会うときまでそれを嗅ぎ続けるといったエピソードは何度も披露されており、大げさに言ったものではないでしょう。また、田中さんも、かつて雑誌のインタビューで"おじさま好き"を公言。中年男性の匂いはもちろん、薄毛の男性がタイプだとも話しています。今の時代、ネット上などに過去の発言は残っていますから、自分のキャラクターに整合性がとれないとなると、すぐにバッシングの対象となってしまう。"売名"といわれる可能性もあるため、発言には気をつけているでしょう」(芸能ライター)


 番組の最後には日村の体臭を嗅ぎ、大はしゃぎしていた匂いフェチの女性タレントたち。日村の脇や首元に顔をうずめながら興奮する彼女たちは、いかにも嬉しそうな表情を浮かべていた。若い女性タレントに囲まれて、最初は戸惑っていた日村も、最終的には満更でもない笑顔を見せており、その様子はお互いに得しているようでもあった。


 それぞれに好みの匂いはあるようだが、「臭いのがいい」と口をそろえる彼女たちには、多くの男性視聴者に夢や希望を与えたことだろう。匂い好きをアピールして男性ファンの心を掴んだ彼女たちは、自分たちの欲望を満たしながら活躍の場を広げていきそうだ。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

杉原杏璃をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ