滝藤賢一、“妻”広末涼子を大絶賛 「何度も泣かされた」 映画「はなちゃんのみそ汁」初日舞台あいさつ2

1月13日(水)11時45分 MAiDiGiTV


 俳優の滝藤賢一さんが1月9日、東京都内で行われた映画「はなちゃんのみそ汁」(阿久根知昭監督)の舞台あいさつに、主演の広末涼子さんらとともに出席。広末さん演じる主人公・千恵の夫・信吾役を務めた滝藤さんは「(撮影中に)さすが日本を代表する女優さんだと思っていた」「出来上がりを見て驚いた。ものすごく丁寧にディテールを積み重ねていて。何度も広末さんの芝居に泣かされた」などと大絶賛した。

 舞台あいさつには広末さん演じる千恵の姉を演じた一青窈さん、阿久根監督も登場。広末さんは「共演者に恵まれてラッキーだった。皆さん、とてもナチュラルにお芝居されるので、何の違和感もなく(できた)」と感謝したが、滝藤さんは「広末さんが大きく構えて受け止めてくれたので、こちらも自然と入れた」とまたも絶賛。一青さんも「預ける気持ちで演技してました。しっかり者の広末さんに任せようって」と明かすと、広末さんは「そんなつもりはなかったです。ありがとうございます」と照れ笑いだった。

 「はなちゃんのみそ汁」は、33歳の若さで亡くなった安武千恵さんが5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にしたエッセーが原作。乳がんを患った余命わずかの千恵が、まだ幼い娘にみそ汁づくりを通して愛情と生きていく強さを伝える姿を描く。娘・はなは子役の赤松えみなちゃんが演じており、この日は登壇者に花束を渡すゲストとして登場した。

 また、劇中にある広末さんが滝藤さんに飛びついて抱きつくシーンについて、阿久根監督から「あれは滝藤さんが要求したんです」と暴露され、滝藤さんは「それは、あの、確かにそういう下心があったかもしれません……」と動揺した様子を見せていた。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ