電磁式投げ縄で体が真っ二つに! 『キングスマン』続編の本編映像

1月13日(土)15時0分 マイナビニュース

5日に日本公開を迎えた『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、土日2日間で動員22万4,480人、興収3億3,016万8,400円を記録。興収は前作『キングスマン』の公開3日間の2倍以上だという。この大ヒットスタートを記念し、本編映像がこのほど公開された。

映像は世界を救う鍵となる解毒剤を手に雪中の山小屋で息をひそめるエグジー(タロン・エガートン)とウイスキー(ペドロ・パスカル)の元に、別行動をとっていたハリー(コリン・ファース)が合流する場面から始まる。順調に思えたのもつかの間、銃を構えた追っ手の姿を見たウイスキーが慌てて解毒剤を払ってしまいビンが決壊してしまう。

決死の思いで手に入れた解毒剤が水の泡と化し、激高するエグジーと言い争うウイスキーだが、銃弾の雨が降り注がれる絶体絶命のピンチに。しかしアメリカが誇るスパイ機関「ステイツマン」のエースでもあるウイスキーが、背後のフォローを2人に託して敵陣に突っこみ、大量の敵をなぎ倒しまくるというものだ。

二丁拳銃と一瞬で敵のボディを真っ二つに切り裂く電磁式投げ縄の見事な手さばきを見せるウイスキー役を演じたのは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ナルコス』でセンセーショナルな活躍を見せたペドロ・パスカル。監督マシュー・ヴォーンと役作りに付いて念入りに話し合ったというペドロは、次のようにコメントし、大胆不敵な役柄にご満悦の様子だ。

「マシューとの会話の中でとりわけ僕にとって大事だったのは、ウイスキーというキャラに堅苦しくない粋な傲慢さ、そしてクールでしかも危険な香りを漂わすことだった。ウイスキーとエグジーは 世界を救うためのミッションを達成するために否応が無しにも共に行動することを強いられるんだけど、2人の間にはちょっとした競争意識があって、ウイスキーはハリーとエグジーのダイナミックで固い絆にヒビを入れることだって、やろうと思えばできるんだ」

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大ヒットをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ