ケンコバ、『平成教育委員会』初登場も「たけし先生のギアが…」

1月13日(土)7時0分 マイナビニュース

お笑い芸人の久本雅美ケンドーコバヤシが、フジテレビ系バラエティ特番『平成教育委員会2018 入試問題やりません! 落第生だらけのみになる勉強SP』(あす14日19:00〜21:54)で、同番組初出演。収録を終えて、感想を語った。

1991年にスタートした同番組だが、今回はMC・北野武が「私の希望で芸人を集めました!」と言うとおり、史上初めて芸人だらけの生徒が集結。いつもの入試問題は出さず、面白い問題ばかりを集めて「勉強って楽しい!」と感じてもらうのを目的に放送される。

国語では「意味がわかると怖い話」、社会では、ある偉人の昔の家族写真から、その人物の歴史に触れたり、今は高層ビル群になっている都会の昔の写真から、歴史を読み解いたりと、バリエーション豊かに展開。授業の合間に登場するたけし先生と飯尾和樹が繰り広げるコントも、実は問題になっている構成で、あの熱湯風呂も問題に登場する。

収録を終えた久本は「いやぁ、難しかったよねー! 途中から皆さんのボケ合戦になったので(私も)乗り遅れちゃいけないと思いましたよ。本当に芸人さんのパワーで面白くなったよね!」といい、芸人を集めた試みについては「ちょっと、落ち着いてください…。IMALUちゃんも峯岸(みなみ)も、私も!芸人じゃないし(笑)」主張。

一方のケンコバは「久々に勉強するチャンスだと思った!のですが…たけし先生のギアが入りすぎて、勉強にならなかったです」と訴え、「たけし先生のテンションを戻すには(スタジオにいる芸人の)割合を変えたほうがいいと思いましたよ(笑)」苦笑いしていた・

他にも、天野ひろゆき(キャイ〜ン)、井森美幸、大久保佳代子(オアシズ)、岡田圭右(ますだおかだ)、ガダルカナル・タカ、小峠英二(バイきんぐ)、ダチョウ倶楽部、田中卓志(アンガールズ)、千原ジュニア(千原兄弟)、平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)、やしろ優、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)が問題に挑む。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

教育委員会をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ