BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

初代“日本一かわいい女子高生”りこぴん「全部嫌いからスタートした」 熱い言葉に二代目“日本一かわいい”候補生たちが感動

モデルプレス1月13日(金)23時19分
画像:初代“日本一かわいい女子高生”のりこぴん(C)モデルプレス
写真を拡大
初代“日本一かわいい女子高生”のりこぴん(C)モデルプレス
【女子高生ミスコン/モデルプレス=1月13日】このたび、“日本一かわいい女子高生”を決める「女子高生ミスコン2016-2017」のファイナリストたちが出演する番組「#女子高生ミスコン 2016-2017 FINALIST」(毎週水曜日配信/YouTube)の第4回が公開され、2016年の末に行われた合宿の模様が配信された。

2016年7月にスタートした「女子高生ミスコン」は今年度で2回目。ファイナリスト14人は、グランプリ(日本一かわいい女子高生)が決まる3月29日のファイナル審査に向け、合宿やレッスンなどの真っ最中。番組は、彼女たちが“日本一”の称号をかけて切磋琢磨する姿に密着している。

◆初代“日本一かわいい女子高生”りこぴん、後輩たちへ熱いメッセージ

今回配信された合宿では、お互いによそよそしい彼女たちが共同生活を経て、仲を深めていく様子が見られるが、そんな中、ゲストのサプライズ訪問も行われた。

登場したのは、「女子高生ミスコン」の前年王者である“りこぴん”こと永井理子。突然の来訪に驚きを隠せないファイナリストたちは、りこぴんと夕食をともにすることに。この貴重な機会に、あるファイナリストから「一番辛かったことは何ですか?」という質問が飛んだ。

りこぴんは「ミスコンの本番の前日が一番辛かった。今までずっと我慢していたのがはちきれて、泣いちゃって、その時はもう自分でいられなかった」と緊張のあまり自分を見失っていたことを告白。

さらに「レッスンが始まって、私は全部できなかった。全部嫌いからスタートしたの。でも、その時からもう勝負は始まっていたし、頑張っていることよりも、頑張ってない方が恥ずかしいことに気づいた。頑張ってる人を見ればすごく応援したくなるから、今日からどんどん自分をアピールしてほしい」と熱く語る。

「私たちが女子高生ミスコンの一番初めで全然わからなかったから、みんなにはもっと頑張ればよかったって思ってほしくない。最初から積極的になってもらいたいなって思う」と経験者だから伝えられる熱いメッセージが届けられた。

◆「女子高生ミスコン」ファイナリストたち感動

その合宿所からりこぴんが去った後、ファイナリストたちは「すっごいうるうる来ちゃった」「良いこと言うよね」「めっちゃ目頭熱くなった」と感動したことを口々に明かし、「本当にこれは大きな経験だと思う」「普通の高校生はできない、刺激をめっちゃもらえる」と、ファイナリスト一人ひとりが、りこぴんの言葉を真摯に受け止めていた。(modelpress編集部)

◆女子高生ミスコン」とは…?

「女子高生ミスコン」は、過去に“くみっきー”こと舟山久美子や“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した女子高生限定のミスコン。プリ機投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。初の全国開催となった昨年は、“りこぴん”こと永井理子が初代“日本一かわいい女子高生”に選ばれた。

今年度「女子高生ミスコン2016-2017」は2016年7月にエントリーがスタートし、「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアに分けられ、プリ機及びSNS投票審査を実施。10月に各エリア14人、計84人の“地方ファイナリスト”が選出された。

続いて、12月10日の「地方ファイナル審査」で14人の“全国ファイナリスト”に絞られ、合宿やレッスンなどを経て、2017年3月29日に“日本一かわいい女子高生”を決定。なお、グランプリ受賞者は大手芸能事務所に所属するほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。
Copyright 2017 モデルプレス All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「初代“日本一かわいい女子高生”りこぴん「全部嫌いからスタートした」 熱い言葉に二代目“日本一かわいい”候補生たちが感動」の関連ニュース

注目ニュース
ジャニーズの圧力?「めちゃイケ」男性アイドルグループ企画がモザイクだらけ アサ芸プラス2月20日(月)13時35分
2月18日、バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)にて、男性アイドルグループの超特急、BOYSANDMEN、Da-iCE…[ 記事全文 ]
真矢ミキ、4回転時代激化のフィギュア界に珍提案 日刊スポーツ2月20日(月)12時24分
女優の真矢ミキ(53)が、4回転ジャンプが続出する新時代に入ったフィギュアスケート界に珍提案をした。[ 記事全文 ]
ドトールがスタバに満足度で勝利 「スタイリッシュ疲れ」が鍵 NEWSポストセブン2月20日(月)7時0分
2015年5月、鳥取県に初めてスターバックスができることが新聞でもニュース番組でも大きく報じられた。[ 記事全文 ]
清水富美加「出家騒動」のさなかにヒッソリと復帰していたあの女優 アサ芸プラス2月19日(日)17時59分
2月13日放送の「スタジオパークからこんにちは」(NHK)に、およそ半年ぶりの生出演でテレビ復帰を果たした女優の高畑淳子。[ 記事全文 ]
イモト、レスラーの才能開花? オリコン2月20日(月)17時34分
タレントのイモトアヤコが20日、都内で行われたNHK総合ドラマ『あなたにドロップキックを』(3月17日放送後10:00)の記者会見に出席し…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア