NGT清司麗菜、柏木由紀とハモり「一生の宝物」

1月13日(土)22時9分 日刊スポーツ

「夜風の仕業」を歌う柏木由紀(右から2人目)らNGT48のメンバー(撮影・滝沢徹郎)

写真を拡大


<NGT48単独コンサート>◇13日◇東京ドームシティホール

 歌唱力自慢のNGT48メンバー3人が、夢の競演を果たした。柏木由紀(26)のオリジナルソロ曲「夜風の仕業」に、佐藤杏樹(16)清司麗菜(16)が挑戦。デュエットかと思いきや、途中から柏木も登場し、場内はどよめきと歓声に包まれた。3人が美声でハモると、2000人のファンも声援を忘れたかのように聞き入っていた。
 3人が歌い終わると、荻野由佳(18)が歌番組の司会者のようなテンションで登場し、「さすがですね〜! 歌唱力の皆さん」と笑わせた。10年から同曲を歌っている柏木が「この曲を3人で歌うのは初めてで、さらにハモりがある状態で歌うのも初めて」と告白すると、清司は「初めての3人だ。イエーイ」とはしゃいでいた。
 リハーサルから柏木に注目していたという佐藤は、「空き缶を蹴る(振り付けの)ところで、『本物だ!』って思った」と感激していた。清司は「練習でもう泣きそうになった。本番前も震えてました。あのゆきりんさんと…一生の宝物です」と声を震わせていた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

柏木由紀をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ