ジュニア&大東俊介“ミナミの帝王”コンビ、小芝風花の存在感に驚き

1月13日(土)9時0分 オリコン

13日放送のカンテレ単発ドラマ『新・ミナミの帝王』第15作「ニンベンの女」に出演する(左から)小芝風花、千原ジュニア、大東俊介 (C)カンテレ

写真を拡大

 タレントの千原ジュニアが主演するカンテレのスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』第15弾「ニンベンの女」が13日の午後3時から放送され、ジュニアとコンビを組む大東俊介の2人がみどころを語った。今回から女優・小芝風花演じる若き“偽造屋”の矢倉紅(やくら・べに)が仲間入り。小芝についてジュニアは「あんなに小柄でかわいらしいけど、背骨が太い感じがしますね。小芝さんが演じる紅は、いろんなバックボーンがあって、そういうのが見え隠れする非常にいい役どころというか、いいお芝居をされていると思いますね」とその存在感に感心した。

 原作・天王寺大/作画・郷力也の作品『ミナミの帝王』を実写化した同作は、2010年よりジュニアを主演に据え、映画を含めると16作品を制作。ジュニアが演じるどんな手を使ってでも借金取り立てる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。大東は銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じている。

 過去に小芝と映画共演も経験した大東も「ちょうど僕が『新・ミナミの帝王』を始めたのが、彼女くらいの年なので、感慨深いです。とにかく“力強い目をした、透明度の高い人だな”という印象で、大人になってご一緒できるのは、すごく楽しいです。彼女には有無を言わさない力があるので、思いの熱量が高い紅の役にすごくピッタリだと思います」と太鼓判を押した。

 ともに関西出身の二人はすでに休憩中も和気あいあいと過ごし、息ピッタリ。ジュニアは「芝居は、大東さんの土俵ですから、そこに僕が偉そうにお邪魔しているんです。でもそれを大東さんはええ感じで迎え入れてくれています」と感謝を込め、大東も「面白いもので、すごく慣れたチームで16回やっていても、年に一度、3週間くらいの撮影なので、毎回雰囲気が微妙に違うんです。みんなが年に一回ここに集まるという仕組みができていて、“新・ミナミの帝王のチーム”が完成しつつあるのかなという感じがします」と信頼を寄せていた。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジュニアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ