CDデビューHKT48 「指原以外のメンバーが育つかが鍵」との指摘

1月13日(日)16時0分 NEWSポストセブン

 福岡県福岡市を拠点として活動するアイドルグループHKT48。名古屋市・栄を拠点とするSKE48、大阪市・難波を拠点するNMB48に続くAKB48グループの全国展開第3弾として活動。今年CDデビューすることも予定されている。


 人気はほかのグループにはまだまだ及ばないが、「今年、どれだけブレイクができるかは、指原や多田以外のメンバーがどれだけ成長できるかにかかっていると思います。2人の知名度に頼っている状況では、ほかのグループに追いつくのはなかなか難しい」とAKBに詳しいアイドルライターは指摘する。


 昨年6月、指原莉乃(20才)がスキャンダル報道が発端となり、AKB48からHKT48に移籍。昨年11月には、AKB多田愛佳(18才)もHKT48に移籍した。現在は、指原や多田がグループを引っ張っており、ほかのメンバーはまだまだ全国区ではないのが実情だ。

 

 とはいえ、中西智代梨(17才)と村重杏奈(14才)の2人がバラエティー担当としての強みを生かして、「R-1ぐらんぷり2013」の2回戦に進出するなど、“キャラ立ち”してきたメンバーも徐々に増えている。


「センターに立つのが“はるっぴ”こと兒玉遥(16才)。舌ったらずなしゃべり方が“かわいい”と人気です。あとは昨年の選抜総選挙で47位に入った宮脇咲良(14才)や、ロシアとのハーフで、前にグイグイ出てくるという村重杏奈(14才)、秋元康氏が“この子はすごい!”と絶賛した研究生の田島芽瑠(13才)が話題になってきています。人材は豊富ですから、こういったメンバーが自分のキャラをもっと出していけば、グループ全体が盛り上がっていくと思います」(前出・ライター)


 全国で活躍する人気グループに成長できるか、2013年の活躍に注目だ。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ