注目ワード鈴木砂羽・降板 安室奈美恵・引退 夏菜・キャバ 板野友美・TAKAHIRO 城島茂・これはすごすぎる 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

中西輝政氏 日本が憲法改正して自立をすれば中韓は口を噤む

NEWSポストセブン1月13日(火)7時0分

 戦後70年の節目を迎える2015年、日本の安全保障をめぐる状況はさらに危機を高めそうだ。その中で日本が取り組むべき課題とは何か、京都大学名誉教授の中西輝政氏が提言する。


 * * *

戦後70年という大きな節目の年、わが国は安全保障上の深刻な危機を迎えている。


 野心的な海洋進出を進める習近平の中国は、2017年の党大会までに第二列島線(*注)の突破を目指すだろう。近い将来、伊豆七島に中国の空母が遊弋(ゆうよく)する時代が来る恐れもある。


【*注/中国の海洋軍事戦略における防衛ライン。伊豆・小笠原諸島を起点に、グアム・サイパン、マリアナ諸島群を結ぶ線】


 先行きの見えない北朝鮮は依然として脅威であり続け、反日で突っ走る韓国はパートナーとは呼べない。帝国主義に戻ったような増長ぶりを見せるロシアも不気味だ。


 戦後70年間、アジアの重しであった米国はオバマ政権で急速に腰砕けになり、長く続いた「パクス・アメリカーナ」(アメリカの覇権)は縮減した。今後、横須賀の第七艦隊の多くはハワイやグアム基地の所属となり、在日米軍は中国を抑止できないだろう。


 正念場を迎えた日本だが、集団的自衛権の行使などの対症療法では、差し迫る危機を本当の意味で打開できない。日本が目指すべきは、憲法改正による安全保障体制の強化以外にない。まさに「この道しかない」のだ。


 なかでも日本を無防備な依存国家たらしめた9条の改正と、空虚な理念を提示した前文の修正が大本命である。戦勝国により押しつけられ、主権や軍事力といった国家の基本的バックボーンを放棄した9条と前文がある限り、日本の平和と繁栄を安心して次の世代に受け渡せない。


 憲法改正に踏み切れば中国、韓国との関係が修復不能になると危惧する人が多いが、それは大間違いだ。中韓が歴史認識や靖国参拝を執拗に申し立てるのは、日本の憲法改正を是が非でも避けたいからであり、彼らにとって慰安婦、南京大虐殺、東京裁判といった過去の話など本当はどうでもよい。


「侵略を反省しないひどい国」と声高に非難し続けることで“お人好し”の日本を萎縮させ、自存自立のできない国家に抑え込み、憲法改正を阻止することが中韓の最大かつ唯一の狙いなのだ。


 国際社会の冷徹なロジックに従えば、憲法改正で歴史問題は雲散霧消する。国際的な常識では、十全なる武力を背景にした国を相手に、いかなる国も一方的な圧力外交は行なえない。ましてや70年も前の捏造を交じえた歴史を口実に内政干渉しようとしても一蹴されて終わりだ。従って日本が憲法を改正して真に自立した国家になれば、中韓は口を噤(つぐ)まざるを得なくなる。


※SAPIO2015年2月号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「憲法」をもっと詳しく

注目ニュース
鈴木砂羽騒動、信頼関係のなさ露呈しあまりにお粗末 日刊スポーツ9月23日(土)12時43分
女優の鈴木砂羽(44)が主演・初演出した舞台「結婚の条件」が、女優2人が鈴木から「人道にもとる数々の行為を受けた」として降板したこともあっ…[ 記事全文 ]
夏菜、豊満バストこぼれ落ちそうなキャバ嬢ショットにファン興奮! 「まだ大きくなる?」と期待も おたぽる9月23日(土)9時0分
来月から放送予定のドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』(AbemaTV・朝日放送の共同製作)に夏菜が主演することが18日に発表された。[ 記事全文 ]
板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢 まいじつ9月22日(金)16時0分
(C)まいじつ9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと武井咲と結婚を発表した。[ 記事全文 ]
TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」 オリコン9月23日(土)12時0分
今年4月に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる「古代サメ・ラブカ」を東京湾で生きたまま捕獲した、人気グループ・TOK…[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 夏菜、豊満バストこぼれ落ちそうなキャバ嬢ショットにファン興奮! 「まだ大きくなる?」と期待もおたぽる9月23日(土)9時0分
2 鈴木砂羽騒動、信頼関係のなさ露呈しあまりにお粗末日刊スポーツ9月23日(土)12時43分
3 板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢まいじつ9月22日(金)16時0分
4 香取ら3人所属の会社名で検索 信用調査会社データ「役員欄」を見ると...J-CASTニュース9月22日(金)19時44分
5 TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」オリコン9月23日(土)12時0分
6 篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!アサ芸プラス9月23日(土)9時59分
7 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>モデルプレス9月23日(土)10時0分
8 高橋一生の“後ろからハグ”表紙にネット女子たちの妄想爆発女性自身9月23日(土)6時0分
9 米倉涼子が「ずっと不機嫌」「写真修正急増」「取材コメント削除」の異常事態messy9月22日(金)18時0分
10 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア