「武雄市の宝」と称えられる鷹 鷹匠界のアイドルとタッグ

1月13日(水)7時0分 NEWSポストセブン

「武雄市の宝」と称えられる鷹のポン太郎

写真を拡大

 佐賀県武雄市に、市長から「武雄市の宝」と称えられる鳥がいる。ハトなどのフン害に悩む住宅地や、農作物を食い荒らされて困っている畑で害鳥を追い払う、鷹のポン太郎だ。


「ボクだけが仕事しよーわけじゃなかと。美里ちゃんがおってくるっけん、できると」


 ポン太郎が「美里ちゃん」と敬愛を込めて呼ぶのは、鷹匠の石橋美里さん。現在21歳の美里さんだが、鷹匠歴はなんと10年以上! その若さとキュートなルックスで鷹匠界のアイドルと呼ばれている。


「鷹匠て言うたら、昔、お殿様がしよったスポーツんごたイメージの強かかもしれんばってん、美里ちゃんとボクがしよっとは、鷹匠のテクニックば使うてみんなに喜んでもらうことばい」


 鷹匠は、鷹を指示通りに動かすのが基本だ。


「害鳥駆除ができる鷹は、フライトショーもできるし、カメラば背負って空から撮影したりもできるとよ」


 メインの仕事である害鳥駆除は、佐賀県内はもちろんのこと、全国各地からオファーが来る。ポン太郎が所属する『ファルコンウィング』では、鷹による威嚇と、忌避剤を組み合わせた“ハイブリッド方式”をとっており、市内のある畑では害鳥の数が3分の1にまで減ったという。


「今年もがばい頑張っけん、見かけたら応援ば頼むばい!」


【プロフィール】

名前:ポン太郎 ♂

年齢:1歳

種類:ハリスホーク

勤務先:ファルコンウィング

職種:害鳥駆除・ショー出演・撮影など

主な仕事内容:カラスなど害鳥の駆除。フライトショーでお客さまに鷹の生態を見てもらったり、各種イベントで物を運んだりする。

お給料:ヒヨコやうずらなどの餌。害鳥駆除業務は行政などと年間契約しているので、餌代は自分で稼いでる!

好きなこと:仕事をすること。害鳥を効率的に仕留める方法を自分なりに工夫すること。

嫌いなこと:騒々しい環境。

現在の悩み:去年は忙しくて、うまく羽が生え替わらず、ビジュアル的にイマイチなこと…。

将来の夢:いつかお嫁さんを迎えて跡取りができたら、ボクが編み出した技を教えて親子で仕事したい!


※女性セブン2016年1月21日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

武雄市をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ