「脳ドック」や「腫瘍マーカー」はあまり意味がないとの見解も

1月13日(日)16時0分 NEWSポストセブン

脳ドックは「意味がない」との医師の見解も(写真/PIXTA)

写真を拡大

 小林麻央さん(享年34)や樹木希林さん(享年75)の例をあげるまでもなく、多くの女性の命を奪った病気として予防の機運が高まる乳がん。2014年の罹患数(厚労省調べ)は、女性の1位になっている。医療ジャーナリストの村上和巳さんはこう語る。


「乳がんは、閉経に関連して50才前後が最もそのリスクが上昇するという研究結果がある。そして30代までは極めて少ないことから、40代から乳がん検診を受け始めることには合理性があります」


 国立がん研究センターの検診研究部長で医師の中山富雄さんも続ける。


「40代以降は、マンモグラフィーは2年に1回やるべきです。上限は75才くらいでいい。乳がんは、進行が比較的遅く、すぐ死ぬ病気ではありませんから、75才まで受けていれば85才くらいまでは大丈夫。


 平均寿命から考えると、それ以上になってから検診を受けても、あまり意味がない。また、30代でマンモグラフィーを受けても、見つかるのは乳腺症ばかりで、乳がんはまれ。40代になってからで問題ありません」


 一方、乳がん検診の中でもまだ検討が必要だと中山さんが指摘するのは「乳房超音波検査」。“痛みのない最新の検査方法”とされている。


「これは日本でしか流行っていないもので、実施する医師の技量差によるところがものすごく大きい。乳腺をちゃんと診られる医師が日本にはあまりいないのです。まだ乳腺の多い40代の女性で、特に乳がんが心配なら専門医を探して診てもらってもいいが、一般的には不要です」(中山さん)


 とはいえ、マンモグラフィーも見逃しはゼロではない。実際、海外の最新研究では、セルフチェックの大切さが主張されている。2年に1度の検診に加え、日々の自己管理が求められる。


“最新”を掲げるのは、これだけではない。最近よく耳にする「脳ドック」や「腫瘍マーカー」といった、いかにも新しくて病気が見つかりそうな検診も、意味がないという。


 特に危険なのが脳ドックだと新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんは言う。


「そもそも脳ドックは日本にしかない検査。CTスキャンやMRIを使って脳をチェックするという検査ですが、まさに“ビジネス”。これを受けた人が本当に長生きしているというデータがない。そして、かなりの割合で、さほど問題のない小さな動脈瘤をも見つけてしまうのです」


 そして、ここで問題になるのが「過剰医療」だ。


「結果を受け、何かあったら困るので、医師は手術で動脈瘤を取ることを勧めます。患者としても、せっかく見つかったのだからと手術を受けようという人が多い。ところが手術がうまくいかずに神経麻痺が起きたり、死亡する人も少なからずいる。裁判になった例もあるのです」(岡田さん)



◆腫瘍マーカーの意味は?


 本来なら、破裂することなく一生を終えたはずだったかもしれない。見つかりさえしなければ、最悪の事態を招くことはなかった。まさに、「過剰医療」が招いた悲劇だ。


 血液検査の1つ、「腫瘍マーカー検査」は、腫瘍ができたときに血液中に分泌される特徴的な物質を測定、画像診断と組み合わせて大腸やすい臓、肺、胃、肝臓、子宮、卵巣などのがん発見に用いられる。


 だが、これも無意味だという。


「腫瘍マーカーほどあてにならない検査はない。手術できる大きさのがんには2割程度しか異常値を示さず、逆に、正常でも5%ほどの人は異常値が出てしまうという特性があり、不安ばかりをあおるのです」(中山さん)


 プロである医師はその程度の精度だと知っているが、そんな検査でも、「がん陽性」の結果が出れば当然、一般の人は不安になる。


「私が病院で診療をしていた当時、毎日、何人かは『腫瘍マーカーが陽性で』という人が来院してきました。風邪をひいただけで数値が上昇するうえ、がんがあっても見落とす可能性があり、不安に陥れられるだけ。受ける意味はありません」(中山さん)


 では、いったいどの検査を選べばいいのだろう。


 2017年、女性のがん死亡部位第1位の大腸がんはどうか。


「大腸がん検診は、いわゆる検便である『便潜血検査』で行われることが多いが、それで見つかるのは、かなり進行してから。おすすめは40代になったら大腸内視鏡検査を受けること。


 一度専門医に診てもらえば、自分の腸にポリープがあるかないかなど、がんリスクが高いのか、そうでないのか判別してもらえる。高リスクなら毎年内視鏡検査をするよう言われますし、そうでなければ『次からは3年に1度でいい』といわれる場合もあります」(村上さん)


 その場合も、便潜血検査は毎年受けたい。また、最近は家庭用の血圧計も普及したが、誤差がある場合も考えられるため、年に1度はプロによる血圧測定も必ず受けてもらいたい。さらに、忘れられがちな項目として、歯科検診がある。


「歯周病によって口内細菌の質が悪くなると、腸内フローラにも影響を与え、糖尿病や肺炎など全身状態を悪くするリスクがあることがわかってきました」(村上さん)


 歯科も年に1回は検診を受けてほしい。歯は失ったときのリスクが大きいことに加え、どうしても後回しになりがちだからこそ、常に気をつけたいものだ。


※女性セブン2019年1月17・24日号

NEWSポストセブン

「腫瘍」をもっと詳しく

「腫瘍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ