メリル・ストリープ、過去のGグローブ賞授賞式での珍事を明かす。「母乳がだだ漏れに!」

1月13日(火)21時55分 Techinsight

授賞式で大変な目にあったメリル・ストリープ

写真を拡大


『クレイマー、クレイマー』『ソフィーの選択』など数々の素晴らしい映画に出演し、65歳の今もハリウッド映画界で活躍している大物女優メリル・ストリープ。過去に何度も大きな賞を獲得しているが、1980年のゴールデングローブ賞授賞式は特に思い出深いものになったらしい。

このほど英トーク番組『The Graham Norton Show』に出演したメリル・ストリープが、第1子の出産後ほどなくして出席した1980年のゴールデングローブ賞授賞式を振り返り、こう語った。

「当時は、ドレスを貸してもらったりしなかったのよ。私もドレスを買うお金がなくて、挙式の時のウェディングドレスを着たわけ。」
「素敵な白のシルクドレスだったわ。でも昼食会が続いてね。当時の私は母乳育児中だったから、ついに母乳がドバっと溢れ出てしまったの。」

突然のアクシデント発生後、メリルは両腕を組み胸元を必死に隠したという。しかしついにメリルの名が呼ばれ、ステージへ…。

「そう、仕方なく腕は胸の前で組んだままにして、片手で賞を受けとったわ。」

“変な女だと思われたでしょうね”と当時を振り返るメリルは、その後も3人子供を産み4児を育て上げた。母業の傍ら続けてきた女優業だが、この母乳噴出事件はメリルにとってかなり衝撃的な出来事として印象に残っているようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

メリル・ストリープをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ