デヴィッド・ボウイ死の7日前、友人に「ありがとう」

1月13日(水)10時50分 Techinsight

デヴィッド・ボウイ、友人に別れのメッセージ

写真を拡大


1月10日、ガン闘病の末に他界した英歌手デヴィッド・ボウイ(享年69)。彼が親しくしていた友人のひとりが、死去1週間前にボウイより送られたメールの内容を明かした。あたかも死期を察し覚悟を決めたかのような内容に、ファンは改めて涙している。

1年半に及ぶガン闘病の末、ついに天に召されたデヴィッド・ボウイ。彼と親しくしていた英ミュージシャン兼プロデューサーのブライアン・イーノ氏が、ボウイの死を受けこのように語った。

「デヴィッドの死には本当に驚きました。」
「40年以上もの間、彼とは知り合いだったんです。ここ数年、彼はNY暮らしで僕はロンドン暮らし。ですのでメールで連絡を取り合っていました。メールは勝手に作った名前でサインし終えるようにしていました。」

そのボウイから1週間前にメールが届いたが、その締めには気になる言葉があったという。

「このような文章で終わっていたんです。“ブライアン、楽しい時間を共有してくれてありがとう。思い出が朽ちることはないだろう。”」

また最後にはDawnという偽名が書かれていたというが、これは「夜明け」の意味で比較的多い女性名だ。このメッセージを振り返り、イーノ氏はこうも明かしている。

「今ではこう気づいています。彼がグッバイと言っていたのだと。」

世界中の大勢のミュージシャンとファンに影響を与えた偉人が、またひとりこの世を去った。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ボウイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ