グウィネス・パルトロウ、食生活で避けているのは「加工食品と添加物」

1月13日(水)19時38分 Techinsight

G・パルトロウ「食事内容を誤解されている」

写真を拡大


「ストイックな食事制限を子供達にも課している」と報じられてきた女優グウィネス・パルトロウが、「すごく誤解されているようね」と報道を批判。実は甘いクッキーなども与えていると語った。

無グルテンの食事にこだわり、子供達には甘いお菓子類などを禁じていると伝えられてきたグウィネス・パルトロウ。彼女が『Yahoo Beauty』の取材に応じ、こう述べた。

「私の食生活について、ずいぶん嘘が流れているようね。」

ちなみにグウィネスは「子供のための“オーガニックスナック”を常に用意している」と告白しつつ、それだけがオプションではないと語った。

「そう、オレオのクッキーだってある。別にルールなんて定めていないわ。」

そんなグウィネスが“食の安全”にこだわっているのは、父がガンにより死去したからだそう。しかし時には美味しいものをタップリ食べるというグウィネスは、彼女なりの“こだわり”をこのように明かした。

「嫌なのは、加工食品よ。それに添加物や害虫駆除剤が大量に入った食品ね。そういう食品は避けているけれど、フライドポテトやチーズ、それにマティーニなんかは大好きよ。」

子供が幼い頃はスイーツの代わりに野菜を与えていたものの、大きくなるにつれオレオや綿菓子などを欲しがるようになったとのこと。それゆえ今では甘いお菓子も与えているというが、体に良くない物は極力避け、自身と家族の健康を維持すべく努力を続けているそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

食生活をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ