のん、赤い振袖姿で“新年の目標” 「足を開かない」達成を願う

1月12日(木)19時35分 Techinsight

ブラウンを可愛がるのん 後ろには“今年の目標”が(出典:http://lineblog.me/non_official)

写真を拡大

映画『この世界の片隅に』が第90回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画第1位を受賞、片渕須直監督はアニメーション監督で初となる監督賞を受賞した。主人公・すずの声を担当したのん(本名・能年玲奈)も高く評価されている。LINE LIVEで配信される『のんちゃんねる』の新年第1回目では、鮮やかな赤を基調とした晴れ着姿で登場したのん。ところが、配信環境が不安定だったため、途中で「えっ? もうはじまってんの?」と慌てる場面もあるなど彼女らしかった。

2017年1月9日に『のんちゃんねる第7回』が配信された。のんが1人で何役もこなし人形劇風に繰り広げる“ワルイちゃん劇場”にて「のんちゃんのお願いは?」との問いに「一番でっかいポテトチップスの袋のポテチを全部食べた〜い!」と答えていた。一方、視聴者に募集した「のんの今年の目標」では数あるメッセージから“足を開かない”を採用、色紙に清書して「目標が達成できますように」と手を合わせて拝んだ。ファンがそれを送り彼女自身も選んだのは、スカートをはいてイスに座っている時につい足を開きがちなのだろう。

2016年は7月から“のん”の芸名で活動するようになり環境もずいぶん変化した。そんななか、2016年11月12日に公開された劇場アニメ『この世界の片隅に』で声優を務めたことが彼女にとって新境地となる。また昨年10月よりスタートした『のんちゃんねる』が“LINELIVE OF THE YEAR 話題賞”を受賞、今回の配信では賞品のブラウン人形に頬ずりして喜ぶが、前に食べていた大福の粉がついてしまうなど天然なところは相変わらずのようである。


今年は足を開かないように気をつけるのも良いが、持ち前のキャラクターで伸び伸びと活動するのんに期待したい。

ちなみに彼女(と放送作家)によると次回の『のんちゃんねる』が配信される1月23日は、番組とは無関係だがヤーコプ・ミヒャエル・ラインホルト・レンツの誕生日でもあるそうだ。

出典:http://lineblog.me/non_official
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

のんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ