BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

梶裕貴さんが堀内賢雄さんの“父親役”を熱演!? 衝撃の展開と感動の親子愛に観客が涙した「AD-LIVE 2016」葛飾公演【1日目・昼】レポート

アニメイトタイムズ1月14日(土)18時30分
画像:梶裕貴さんが堀内賢雄さんの“父親役”を熱演!? 衝撃の展開と感動の親子愛に観客が涙した「AD-LIVE 2016」葛飾公演【1日目・昼】レポート
写真を拡大
 鈴村健一さんがプロデュースする、即興劇プロジェクト「AD-LIVE(アドリブ)2016」。2016年9月にスタートし、東京2か所・大阪1か所で2日間2公演ずつ行われました。

 アニメイトタイムズでは、昨年にひき続き全日の昼公演のレポート記事を公開中。3本目となる今回は、9月24日(土)開催の葛飾1日目昼公演の模様をレポートします。今回のマッチングの中でも「異色」と言われ、話題をさらったこのコンビ。ストーリーも一風変わったものになったようです。

【出演者/9月24日@かつしかシンフォニーヒルズ】
梶裕貴さん
堀内賢雄さん 
オープニングで判明したふたりの関係 親子は親子でも……?
 昨年までの「AD-LIVE」は、舞台上で演じるキャラクターの設定を演者本人が考えていましたが、「AD-LIVE 2016」は2人分のキャラ設定を1人が担当。この日の昼公演は、梶さんの担当回。自身の人物設定はもちろん、堀内さんが演じる人物の設定まで考え、舞台上で堀内さんに役付けをしていきました。

「AD-LIVE 2016」で描かれたのは、少し不思議な治療法「マインドダイブ」が実用化されている世界。「意識不明になった人や心を閉ざした人の精神に入り込み、記憶を刺激して意識を回復させる」というマインドダイブを使い、梶さん演じるヘンリーは、ゲンジロウ(演:堀内さん)の精神の中へと入ります。 
 そんなマインドダイブですが、まずはクイズからスタート。シルエットのみ映し出されるゲンジロウに向けて、ヘンリーはさまざまな質問を投げかけました。ただ、ここでわかったのは「ゲンジロウだけでなく、ヘンリーも記憶を失っている」ということ。 
 ヘンリーは、ポケットの中にあったメモ書きを頼りに、たどたどしくクイズを進めていきます。そうして「ゲンジロウは無職」「ふたりは親子関係」ということが判明します。 
 無事、再会を果たしたふたり。改めて親子という事実を噛み締めるも、「この顔からその顔!?」とゲンジロウ。ヘンリーも記憶がないため、確証を得られないのも原因なのかもしれません。ふたりともこの状況にかなりうろたえている様子です。 
 奇しくも、ふたりの記憶を取り戻すこととなった今回の精神の旅。ともあれ、その直後に、早くもふたりの関係を裏付ける新たな証拠を見ることとなります。しかも、それはゲンジロウが描いた「ヘンリーお父さん」の絵……。そう、なんと親子は親子でも、父・ヘンリー(演:梶さん)、子・ゲンジロウ(演:堀内さん)だったのです。 
 このどんでん返しには、ふたりも観客もびっくり!! 場内には大きなどよめきと拍手が沸き起こりました。「パパー!!」とすがり付くゲンジロウと、彼を優しく受け止めるヘンリー。どうやら、ふたりの記憶は少しずつ蘇っているようです。 
 こうして、ふたりは精神の中にある2か所の思い出の地をめぐりました。1か所目の思い出の地・授賞式会場では、絵を得意とするゲンジロウが「1位をとれない」というしがらみを明かす場面が。現実世界で意識不明になっているのは、そこに原因があるのではないかと突き止めました。 
 これを受け「自信がなくなっちゃったんだ」とゲンジロウがつぶやくと、「自信を持たなきゃダメだよ!」とヘンリー。元気づけるように、その場でふたりだけの授賞式を行いました。徐々に父性を見せはじめるヘンリーに、ゲンジロウの心も和らいでいきます……。 
 そんなヘンリーの新たな事実は、2か所目の思い出の地・遊園地で発覚。なぜ、若々しい姿でゲンジロウの前に現れたのかがわかります。こちらはぜひBlu-ray&DVDでご確認あれ! 
 
 加えて、「AD-LIVE 2016」ではおなじみとなっている、3人目の登場人物も。この回に登場したのは、諸岡立身さん演じる画家のはっちゃん。「才能のカタマリ」と豪語する彼は、ゲンジロウにとって目の敵。ゲンジロウが毎回2位に甘んじていたのは彼の存在があったからだと嘆きます。 
 ともあれ、実際に言葉を交わしてみるとはっちゃんの真意が明らかに。さらに「ゲンちゃんがいないと、絵描けないから!」という熱い言葉で、戻ってきて欲しいと伝えました。新たな事実を目の当たりにし、ゲンジロウの記憶はどんどん鮮明になっていきます。 
 ちなみに、この回でもアドリブワード連発!(以下“”内はアドリブワード)とくに、ゲンジロウのギャグ振りとしてヘンリーが放った“マジ最高!”“ジュンジュワ〜”は、切れ味鋭いものに。場内をドッと沸かせる要素となっていました。 
 さらにゲンジロウは、授賞式会場で葛藤するシーンに「“今こそ心を解き放て!”」を重ねたほか、ヘンリーがいなくなる終盤のシーンでも「“好きなことを好きなだけ!”」を引きあて、父の気持ちを代弁。ゲンジロウ自身に光を当てる言葉に、会場中が震えたのは言うまでもありません! 
 自身の精神のなかで、愛する父と良きライバルに出会い、心が解きほぐされたゲンジロウ。果たして、最後にどんな結論を出したのでしょうか……? 
 上では明かさなかったヘンリーの正体などもあって、よりファンタジー要素が強くなっていた葛飾1日目昼公演。劇中では、ゲンジロウの絵心がわかる場面はもちろん、ヘンリーの父親らしい振る舞いにも注目が集まりました。そこに、細部にまでこだわったキャラクター造形とテンポの良いギャグシーンが加わり、メリハリのあるステージに。 
 感動を誘う結末は、ぜひBlu-ray&DVDで確かめてみてください。次は、福山潤さんと中村悠一さんが出演した葛飾2日目昼公演のレポートを公開予定です![取材&文・松本まゆげ]

ドキュメンタリー「MATSU-LIVE(マツリブ) −Documentary of AD-LIVE 2016−」放送決定

【TOKYO MX】1月22日(日) 19:00
【MBS】1月22日(日) 25:35
【BS11】1月25日(水) 25:00
※放送日時は変更になる可能性があります。予めご了承下さい。


監督:津田健次郎
制作プロダクション:祭

『AD-LIVE 2015』TV放送スケジュール
★ポイント1:豪華声優総勢13名が織りなす、90分間全てがアドリブで進む、唯一無二の舞台劇。
★ポイント2:決められているのは大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事のみ。お互いのキャラクターも舞台上で初めて知る!
★ポイント3:全12公演で約6万人(ライブビューイングを含む)もの観客を動員した人気舞台!

【放送日】
2/4(土)スタート毎週(土)19:00〜
[再放送]毎週(日)26:30〜
(12週にわたって放送)

【出演者】
■出演:櫻井孝宏・津田健次郎・鈴村健一
2/4(土)[東京公演(1日目)昼公演]
2/11(土)[東京公演(1日目)夜公演]

■出演:小野賢章・釘宮理恵・鈴村健一
2/18(土)[東京公演(2日目)昼公演]
2/25(土)[東京公演(2日目)夜公演]

■出演:梶裕貴・名塚佳織・鈴村健一
3/4(土)[埼玉公演(1日目)昼公演]
3/11(土)[埼玉公演(1日目)夜公演]
<以降の放送日は変更になる場合があります>

■出演:岡本信彦・谷山紀章・鈴村健一
3/18(土)[埼玉公演(2日目)昼公演]
3/25(土)/[埼玉公演(2日目)夜公演]

■出演:岩田光央・浪川大輔・鈴村健一
4/1(土)[大阪公演(1日目)昼公演]
4/8(土)[大阪公演(1日目)夜公演]

■出演:下野紘・福山潤・鈴村健一
4/15(土)[大阪公演(2日目)昼公演]
4/22(土)[大阪公演(2日目)夜公演]

【総合プロデューサー】鈴村健一
『黒子のバスケ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』、『うたの☆プリンスさまっ♪』など人気アニメ、ゲーム、ラジオなど多くのメディアで活躍中。

特別番組『Document of AD-LIVE 2015』放送情報
 2015年9月〜10月に全12公演開催され、実に約6万人(ライブ・ビューイング含む)を動員した大人気舞台劇「AD-LIVE(アドリブ) 2015」。その制作舞台裏や舞台本番映像を通じ、AD−LIVEの魅力に迫る特別番組。

【放送日】1/29(日)、2/3(金)19:30〜20:00
【出演】鈴村健一、櫻井孝宏、津田健次郎、小野賢章、釘宮理恵、梶裕貴、名塚佳織、岡本信彦、谷山紀章、岩田光央、浪川大輔、下野紘、福山潤

『AD-LIVE 2015』とは?
 90分間、全てアドリブ!総勢13名の豪華キャストが織り成す、唯一無二の舞台劇! 大まかな世界観と、舞台上で起こる幾つかの出来事(例:電話が鳴る、誰かが来る)が決められているのみで、出演者のキャラクター(役)もセリフも、全てアドリブで紡がれる90分間の舞台劇。お互いのキャラクターも舞台上で初めて知ることに。どう紡がれるのか、何が生まれるのか判らないアドリブ要素と、予め決まっている幾つかの出来事の化学反応により、その日その瞬間に、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれる。

パッケージ情報
■Blu-ray&DVD「AD-LIVE 2016」(全6巻)
発売日:
第1巻 (鈴村健一×寺島拓篤) 2017年2月22日(水)
第2巻 (小野賢章×森久保祥太郎) 2017年2月22日(水)
第3巻 (梶裕貴×堀内賢雄) 2017年3月22日(水)
第4巻 (中村悠一×福山潤) 2017年3月22日(水)
第5巻 (釘宮理恵×高垣彩陽) 2017年4月26日(水)
第6巻 (浅沼晋太郎×下野紘) 2017年4月26日(水)

価格:
[通常版] 各7,500円+税(Blu-ray/DVD共通価格)
本編ディスク2枚組
特製ブックレット
オーディオコメンタリー(夜公演)
特典映像(CM、PV集)

[アニメイト限定版] 各8,000円+税(Blu-ray/DVD共通価格)
●通常版+特典DVD
・AD-LIVE 2016 CAST After Talk
 各公演終了直後の出演者による対談映像
・AD-LIVE 2016 DIRECTOR After Talk
 鈴村健一、浅沼晋太郎、川尻恵太の演出家3人で打ち上げ。各公演を振り返るトーク映像



>>http://ad-live-project.com/ (「AD-LIVE(アドリブ)」公式サイト)
>>https://twitter.com/AD_LIVE_Project (「AD-LIVE(アドリブ)」公式Twitter)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「梶裕貴さんが堀内賢雄さんの“父親役”を熱演!? 衝撃の展開と感動の親子愛に観客が涙した「AD-LIVE 2016」葛飾公演【1日目・昼】レポート」の関連ニュース

注目ニュース
小林麻央、輸血や痛み止めで「息苦しさ軽減」 ナリナリドットコム4月24日(月)20時26分
がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34歳)が4月24日、公式ブログを更新し、再入院後の体調について報告している。[ 記事全文 ]
稲村亜美“160キロ”の豪速球シャドウピッチ ナリナリドットコム4月24日(月)15時11分
タレントの稲村亜美(21歳)が4月24日、埼玉県秩父市で行われた「西武秩父駅前温泉祭の湯」の開業式典に出席。[ 記事全文 ]
泰葉ブログで告白、小朝から「20年にわたり虐待」 日刊スポーツ4月24日(月)11時49分
歌手でタレントの泰葉(56)が24日、ブログを更新し、元夫で2007年(平19)離婚した春風亭小朝(62)から、20年にわたって虐待を受け…[ 記事全文 ]
佐々木希、唐沢から“たけし直伝”コマネチ指導「角度が重要」 オリコン4月24日(月)18時31分
俳優の唐沢寿明と女優の佐々木希が24日、都内で行われた映画『ラストコップTHEMOVIE』(5月3日公開)プロジェクト・ファイナル祭りに出…[ 記事全文 ]
29歳でハーバード大学の教壇に立った歴史学者・北川智子の“挫折”が明らかに モデルプレス4月25日(火)5時0分
【セブンルール/モデルプレス=4月25日】新感覚ドキュメント番組「セブンルール」(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜よる11時〜)が25日…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア