極楽とんぼ・山本圭壱が有料サイトとSNSで細々活動中

1月14日(土)17時59分 アサ芸プラス

 昨夏、かつてのレギュラー番組「めちゃ×2イケてるッ!」で10年ぶりに地上波復帰した極楽とんぼ・山本圭壱。同年11月20日、極楽とんぼ全国ライブツアー千秋楽公演後によしもとクリエイティブエージェンシー所属が発表され、晴れて芸能界に復帰した。だが、その後大々的な活躍もなく、尻すぼみの状態が続いている。お笑い業界に強い芸能ライターがいう。

「レギュラーはラジオ番組のMCだけです。オフィシャルサイトで仕事募集をかけていますが、スケジュールはスカスカのまま。極楽とんぼとしてテレビ出演しようにも、相方の加藤浩次が生放送の帯番組『スッキリ!!』などレギュラー5本を抱えてますから、なかなかしんどいものがあります。そんなわけで公式ツイッターとインスタグラムの更新に忙しいようです」

 1月11日、山本のインスタグラムで全裸写真が投稿された。色白ムチムチの山本がサウナの水風呂に入っているショットだ。コメント欄には、「やまちゃんらしい(笑)最高」という絶賛や「めちゃイケで見たい」という要望、「復帰したと思ったらこの姿ですかぁ!」などの投稿があった。

「山本は復帰するにあたり、一から出直しを強調していたので、一からの出直しという決意を込めた投稿なのかもしれません。まあ本音は閲覧数稼ぎの脱ぎといったところ。ダイエットを促すスパムコメントが大量投稿されていたのは、笑えました。ただ脱ぎはインスタグラムの利用規約違反なので、削除は時間の問題でしょう」(前出・芸能ライター)

 山本は昨年2月、「すいません、山本ですが。」という有料サイトをスタート。1カ月1080円の料金で100人限定にもかかわらず、未だに53人しか入会していないありさまだ。サイトでは、主演・監督・脚本・制作の1人4役をこなしたオリジナル動画を観られるほか、会員限定カードがもらえたり、オフ会に参加できる特典があるが、魅力には乏しい。

「極楽とんぼでネタを担当していたのは、加藤。ボケ担当の山本がピンでやるのはどうしても無理がある。加藤の鋭いツッコミがあればこそ山本も芸人として輝けるのだが」(スポーツ紙記者)

 まずはあの白ムチ肌をいかし、体を張ったリアクション芸、パチパチパ〜ンチあたりから始めてみるしかなさそうだ。

(塩勢知央)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

極楽とんぼをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ