プロ野球ファン必見! 球場近隣の美味しいラーメン屋(パ・リーグ編)

1月14日(日)11時0分 文春オンライン

 前回ご好評をいただいた「球場近隣の美味しいラーメン屋(セ・リーグ編)」。いい声から悪い声までたくさんのご評価をいただき、やはりプロ野球ファンはラーメンも愛しているんだなということが各地から伝わってきた。ラーメンは食べ手によって好みがかなり分かれるので、参考程度にお読みいただければ幸いである。


 というわけで今回はパ・リーグ編だ。


 前回同様、ラーメンデータベースさんのご協力で、球場の中心付近からおよそ半径1.1km程度の範囲にあるラーメン店を抽出し、お店の得点の合計を算出した。


 野球観戦とラーメンのポイントは「ナイトゲームの後に間に合うかどうか」だ。もっと言えば、試合が終わって軽く一杯飲んでから行けるお店だと更に嬉しいのではあるが、そんな観点から選ぶと選択肢がかなり限られてしまうので、今回の集計には営業時間をあえて考慮していない。


 そんなわけで、球団別の順位を見てみよう。


1位:ロッテ 604.52点

2位:楽天 512.35点

3位:西武 497.82点

4位:オリックス 371.75点

5位:日本ハム 352.77点

6位:ソフトバンク 0点   (2017年12月27日現在)


 パ・リーグに関しては、実はあまり順位が想像つかなかった。どこの球場周りも行く店に困った経験があるからだ。やはりセ・リーグに比べると低レベルな争いとなり、ポイント差も僅差となった。


ロッテが1位になったカラクリ


 そんな中で1位になったのはロッテ。合計点もトップで、平均点も75.57点とトップだ。ただ、これにはカラクリがある。巨大ショッピングモール・イオンモール幕張新都心店内のお店(麺屋 心、ティーヌーン、博多だるまJAPAN)が上位を占めているのだ。想像の通り、ここは軒並み22時には閉店してしまうためナイトゲーム後には寄れないのである。マリンスタジアムに行かれる場合は試合前に食べておこう。


 余談だが、ナイター後でも食べられる幕張の名店と言えば、かつてはメッセアミューズモールの「前勝軒」だったが現在は閉店。西武ファンの私としては、岸(現在は楽天)のノーヒットノーランの試合後に寄った「前勝軒」での打ち上げは忘れられない思い出だ。


 2位は楽天だ。球場のある宮城野原駅は仙台駅から2つとアクセス抜群だ。あまり長い試合でなければ試合後に仙台駅に移動して十分間に合う。遅くまでやっている名店がいくつかあるので、押さえておこう。


らーめん 本竈 エスパル仙台店

宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1エスパル仙台東館1F

11:00〜23:00


 岩切に本店を構える県内では指折りの老舗が駅ビル「エスパル」に出店している。通し営業なので試合前でもOK。


 オススメは海老わんたん麺(塩)。スープは動物系に鰹節、鯖節などの魚介を合わせた清湯。塩ダレは内モンゴル産。麺は細めストレートの全粒粉入り。麺は自家製麺ではなく「実家」製麺。実家の製麺所で作っているそう。北海道の「春よ恋」を使用していて、小麦の香りが鼻に抜けて旨い。手作りの海老わんたんも絶品だ。



「らーめん 本竈」の海老わんたん麺(塩)


らーめん くろく

宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目2-12 アーバンライフ橋本1F

[平日] 11:30〜14:00/18:00〜23:00 [土・日・祝日] 11:30〜22:00

定休日 月曜(祝日の場合は営業)


 店主は高田馬場の名店「渡なべ」出身。東口から徒歩3分とアクセスも抜群だ。

ミシュランガイド宮城(仙台)2017特別版にも掲載されている。化学調味料不使用スープと自家製麺が特徴。まさに「ラーメンアーティスト」という言葉が似合う店主の極上の一杯を堪能あれ。


ちばき屋 仙台店

宮城県仙台市宮城野区榴岡2-3-36 仙台蘭ビル1F

[火〜金] 11:30〜14:45/17:00〜23:00 [土] 11:30〜23:00 [日・祝] 11:30〜22:45

定休日 月曜


 気仙沼生まれのラーメン職人・千葉憲二さんのお店。和食出身の千葉さん仕込みの丹念な製法はまさにラーメン界のお手本。スープ・タレ・麺はもちろん、具材に至るまで自家製にこだわっている。


 オススメはワンタンそば。そして忘れてならないのが半熟煮玉子。今やどこでも当たり前に見られるトッピングだが、「ちばき屋」が元祖と言われている。スープは鶏ガラ、豚骨に昆布、カツオを加えた清湯。まろやかな醤油ダレとの相性が抜群だ。千葉さんが守り続けてきた直球の支那そばがまさにここにある。



「ちばき屋」のワンタンそば


 3位は西武。私は何を隠そう西武ファンだが、入団当初から応援し続けてきた大好きな牧田がメジャーに移籍してしまい、昨年の岸に続き2年連続で寂しい思いをしている。岸と牧田のTシャツが家のタンスの中で泣いている。


 そんなわけで西武ドーム(今はメットライフドームというのか)に行く機会は自ずと多くなるのだが、ラーメンを食べるとなると大変だ。西武球場前駅の周りは本当に店がなく、唯一のオアシスが駅前の「味の浪漫亭 吉田屋」だった。しかし惜しまれつつも閉店してしまい、今は他のお店が入っているようだが、もう行かなくなってしまった。試合の後にわざわざ玉川上水まで出てラーメンを食べに行ったこともある。


 そうなるとドーム内で、ということになるが、実はドーム内には「らあめん花月嵐」が入っている。しかしここで私は一言言いたい! なぜ「らあめん花月嵐」をビジターの1塁側に入れたのか! 西武ファンが食べられないじゃないか! わざわざ向こう側まで行けば食べられるのだろうが、そういう問題ではない。1塁側と3塁側で出店料が違うのかどうかは分からないが、西武ファンのことを考えて3塁側に出店してほしかったと言わざるを得ない。


 失敬。少々熱くなってしまった。



ソフトバンクは0点だが……


 4位はオリックスだ。京セラドーム大阪に行かれる際、試合前にぜひ行っていただきたい名店がある。私が大阪で一番好きなお店なので紹介させてほしい。


カドヤ食堂 本店

大阪府大阪市西区新町4丁目16-13 キャピタル西長堀103

11:00〜17:00

定休日 火曜(祝日の場合は水曜)


 京セラドームから程近い、西長堀にある行列必至の大人気店。オススメはワンタンメン。麺は自家製麺でストレートの柔らかめ。とろけるような滑らかな食感が特徴的なシルク麺で、「支那そばや」佐野実さんへのリスペクトを感じる。鶏の旨味がたっぷり出たスープで、角が立った醤油との相性も抜群。叫びたくなるぐらいの旨さだ。直球のラーメンで奇をてらった部分は全くない。真正面から旨さで撃ち抜かれる超魅力的な一杯だ。



「カドヤ食堂」のワンタンメン


 5位は日本ハムだ。全国屈指のラーメン処・札幌だが、名店は札幌駅、すすきのなど繁華街に集中しており、ドームの周りとなると厳しい結果となった。しかし諦めるなかれ! 札幌でも1、2を争う名店が札幌ドームのお隣・美園駅そばにある。こちらもナイトゲーム前に行っていただく形にはなるが、絶対に押さえておきたいお店だ。


麺屋 彩未

北海道札幌市豊平区美園十条5丁目3-12

11:00〜15:15/17:00〜19:30

定休日 月曜、月2回不定休有


 札幌の超有名店「すみれ」の出身で、札幌味噌ラーメンの代表としてこの店を挙げたいぐらいの名店だ。「すみれ」ほどラード感やガツンとした香ばしさはなく、少しマイルドに食べやすく仕上げている。上に乗った生姜が実に効果的。ぷりぷりの麺も最高に美味しい。行列が長くなるので時間に余裕を持って行ってみてほしい。



「麺屋 彩未」


 そして最下位はペナントレースの覇者・ソフトバンク。ラーメンデータベースをもってしてもなんと0点を叩き出してしまった。ヤフオクドームの近隣では厳しそうだ。

しかしこちらも諦めるなかれ! 空港線で2つ移動して赤坂駅まで行ってほしい。そこには長浜ラーメンの名店が軒を連ねている。


元祖 長浜屋

福岡県福岡市中央区長浜2-5-38

4:00〜翌1:45頃(やれるとこまで時間延長)

正月以外年中無休


 長浜ラーメンの元祖と呼ばれるお店で、替玉の発祥もここと言われている。スキッとした豚骨スープは長浜系のお店でしか味わえない。はじめは味薄めのように感じるのだが、だんだんと染みてくる。これがいい。肉は少し塩気が強く、これを麺と一緒に食べるとたまらない。営業時間に関しては、サイトによって書いてあることがまちまちだが、私の経験上、ふらっと行ってやっていなかったことはない。



元祖 長浜屋


元祖ラーメン長浜家

福岡県福岡市中央区大手門2-7-10

24時間営業

年中無休


「長浜屋」「長浜家」など数々の似たような名前のお店があることは主題とは外れるので敢えてここでは指摘しない。ここも長浜ラーメンの代表的存在。そして24時間営業と大変ありがたい。後会計制で、入店と同時に麺の固さを聞かれる。



元祖ラーメン長浜家


長浜ナンバーワン 長浜店

福岡県福岡市中央区長浜2-5-19

8:30〜翌5:30

不定休


 昭和46年創業の老舗で昨年東京にも進出した名店。髄まで溶けきった泡状の濃度の高いスープで、許容レベルの豚臭さも食欲をそそる。間違いなく替玉したい強いスープが魅力。貫禄の一杯だ。



長浜ナンバーワン 長浜店  提供/井手隊長


 試合の前に景気づけに一杯でもよし、試合に勝ってテンション高く一杯でもよし、負けてうなだれながら一杯でもいい。ぜひラーメンとセットで野球を楽しんでいただきたい。そして、球場にラーメン屋を誘致する際はぜひホーム側でお願いしたいと思う。


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5862 でHITボタンを押してください。





(井手隊長)

文春オンライン

「ラーメン」をもっと詳しく

「ラーメン」のニュース

BIGLOBE
トップへ