エイベックス所属の人気グループ「AAA」 メンバー不和で年内での活動休止が決定

1月14日(火)18時31分 文春オンライン

「週刊文春デジタル」の取材で、エイベックスに所属する人気ダンスボーカルグループ「AAA(トリプルエー)」が年内で無期限の活動休止することがわかった。


 AAAが結成されたのは2005年。現在は西島隆弘(33)、宇野実彩子(33)、日高光啓(33)、末吉秀太(33)、與真司郎(31)の5人で活動している。


「もともとはメンバーそれぞれが別々に芸能活動をしていて、なかには浜崎あゆみや鈴木亜美のバックダンサーをしていたメンバーもいます。デビュー当初は元メンバーの後藤友香里(31)、伊藤千晃(32)、浦田直也(37)を含む8人の大所帯でした」(音楽関係者)



音楽祭「a-nation 2017」でトリを務めたAAA。左から末吉秀太、與真司郎、浦田直也、宇野実彩子、日高光啓、西島隆弘。 ©スポーツニッポン新聞社/時事通信フォト


デビュー15周年を迎えたAAAの平坦でない道のり


 デビューシングル「BLOOD on FIRE」が話題を呼び、「ベストヒット歌謡祭2005新人賞」、「第38回日本有線大賞 有線音楽賞」、「第47回日本レコード大賞 最優秀新人賞」など、歌謡賞を総なめにした。2010年からは、NHK紅白歌合戦に7年連続出場を果たしている。


「日本レコード大賞では、大賞こそ獲っていませんが、8回も優秀賞を獲得しています。2018年に行った4大ドームツアーでは34万人を動員しました。現在のエイベックスを引っ張る存在です。エイベックスでは“ポストAAA”として『lol』など男女混合のダンスボーカルグループに力を入れていますが、なかなか芽が出ない」(同前)


 今年デビュー15周年を迎えたAAA。スターの階段を上り続けてきた彼らだが、ここまでは平坦な道ではなかった。


「2007年に女性メンバーの後藤由香里が病気の治療に専念するという理由で脱退。2017年3月には、人気メンバーの伊藤千晃が結婚と妊娠を理由に脱退しています。リーダーを務めていた浦田直也も、2019年4月に女性に暴行したとして逮捕され、12月31日にグループを脱退した。このリーダーの逮捕に対し、メンバーはそれぞれSNSなどで謝罪しています。



 さらには、2019年8月には日高に対し未成年淫行疑惑が浮上。日高に『抱かれた』という女性がSNSに投稿し、日高は自身のブログで『事実ではない』とコメントしましたが、真偽のほどはいまだ明らかになっていません」(同前)



「西島くんが現場に入ると緊張が走ります」


 こうした出来事が重なり、メンバー内不和が深刻化していった。


「元メンバーの後藤や伊藤が脱退の際にも、メンバー不仲説は浮上していました。実際にメンバー同士の仲がいいとは言いがたい。伊藤が脱退する際には、『ドームまで来られたのに。復帰は許さない』と怒りを露わにしたメンバーもいました。ビジネスとしては成り立っていましたが、長らくグループ内には不穏な空気が漂っていたのは事実。ダントツ人気の西島くんと、それ以外のメンバーとのモチベーションの差も開く一方だった」



 ニッシーの愛称で知られる西島は2009年に映画「愛のむきだし」に初主演し、同年の「キネマ旬報ベスト・テン『新人男優賞』」、「毎日映画コンクール『スポニチグランプリ新人賞』」を受賞。その他にも多数のドラマや映画、CMに出演している。


「自分がグループを引っ張っているという自負からか、西島くんは常にピリピリしていました。スタッフも常に気を遣っていて、西島くんが現場に入ると緊張が走ります。動画制作の現場でも、西島くんはカット割りなどにたくさん注文をつけるのですが、他のメンバーはただ見ているだけだった。ライブ演出に関しても西島くんは精力的に取り組んでいた。そのためスタッフと衝突することも多く、“天狗”になっていると言う人もいました。


 西島くんはデビュー当初からパフォーマンスのクオリティはメンバー随一でした。突然の脱退や逮捕など、プロ意識を感じられない他のメンバーに足を引っ張られていると感じていたようです」(エイベックス関係者)



 別のエイベックス関係者によると「活動休止を前に、今年はアルバムの発売と全国ツアーを予定しています。それを終えた後、AAAは活動休止に入る。再開の目途は立っていません」という。



(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

文春オンライン

「AAA」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「AAA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ