マキシマム ザ ホルモン、『珍遊記』に楽曲提供で漫☆画太郎とコラボ実現!

1月14日(木)12時30分 シネマカフェ

楽曲提供をする「マキシマム ザ ホルモン」/『珍遊記』(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

写真を拡大

松山ケンイチが坊主頭にパンツ一丁という主人公を、メーター振り切り演技で見せる映画『珍遊記』。このほど、原作者・漫☆画太郎と縁の深いロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」がクライマックスのバトルシーンに既存の2曲を提供していることが判明、メンバーのマキシマムザ亮君から“激アツ”(!?)のコメントが到着した。

1990年より「週刊少年ジャンプ」にて連載され、約400万部のシリーズ累計販売部数を記録した伝説のギャグ漫画を、『デスノート』『デトロイト・メタル・シティ』から「ど根性ガエル」のひろしまで演じてきた松山さんを主演に、映像化不可能といわれてきた『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』など、数々の漫画原作ものを手掛けてきた山口雄大監督で実写映画化する本作。

今回、終盤のアクションシーンを盛り上げるバトルソングを歌うのは、マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人からなる、海外でも高い評価を得ているロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」。画太郎さんが彼らのCDジャケットのイラストを数多く手掛けているという縁もあり、「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」と「ジョニー鉄パイプIII」の2曲を提供している。

なお、本楽曲は、11月18日(水)に発売され、オリコンDVD総合チャート1位を獲得した映像作品集「Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜」に同梱のCDアルバム「耳噛じる真打」に収録されているので、映画と合わせてチェックしてみて。

<マキシマムザ亮君 コメント>
うおおー! 「珍遊記」実写映画化やべー!!
とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!
(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!!(原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーンあるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで「珍遊記」の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、まだ一回もお会いした事ねえぞ! ちくしょーー!!!
映画館で絶対観てやる!!

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

『珍遊記』は2月27日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マキシマム ザ ホルモンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ