【アニメキャラの魅力】祖国を愛し故に憎んだ主人公「シン・アスカ」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』

1月14日(水)6時32分 キャラペディア

(C)創通・サンライズ

写真を拡大

 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』における主人公「シン・アスカ」は、「SEED」の頃はオーブで暮らすごく普通のコーディネイターの少年でした。オーブが戦禍に巻き込まれ、避難中に流れ弾で家族を失った「シン」は、戦争を、そして中立国だったオーブを戦場にしたアスハの家を激しく憎み、自身の無力さを呪いザフトの兵に志願することになります。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■幼いゆえに純粋な正義感

 シンは「SEED」の頃のキラやアスランに比べ、やや幼い言動が目立ちます。これは前述の通り、シンが平和な世界で暮らす普通の少年だった事に由来するもので、例えて言うなら「SEED」のフレイ・アルスターと同じような感じかも知れません。フレイの場合は「守ってもらおう」とし、シンは「守ろう」と誓ったため、両者の生き方は大きく変わっていきますが、それは男女の違いも大きいでしょう。また、シンは幼い故に純粋な正義の塊であり、その純真さゆえにストーリー終盤では議長に利用されることとなります。

■誰よりも守りたかった「ステラ」

 ひょんなことから運命的な出会いを果たすシンとステラ。ステラが敵軍のエクステンデッドと知ってもなお、彼女が傷つかない事を望み、「俺が守るから君は死なない」と約束します。この時の心境として、シン役を演じた鈴村健一さんは「恋愛感情ではなく、もっと大きな感情だったのではないか」と語っています。シンにとって絶対不可侵の存在だったステラがフリーダムに討たれた事により、シンは徐々に精神的なバランスを崩し、攻撃的な言動が目立つようになっていってしまうのです。

■最終決戦での敗北

 最終決戦でアスランと対峙するシン。結論から言うと、シンは完膚なきまでに叩きのめされます。彼はオーブを憎んでいましたが、それは確かにオーブが大好きだったからでした。アスランから「お前がほしかったものは本当にそんな力か!」と言われ苦悩する姿は、鈴村さんの名演技もあり、とても痛々しく鬼気迫るものがあります。アスランに敗れた後はステラと精神世界で邂逅を果たし、「『きのう』をもらったの」「また『あした』ね、シン」と言葉を掛けられ、シンの心はようやく少し救われました。

 「FINAL PLUS」では最終決戦後、オーブの慰霊碑を訪問した際にキラと出会い、己の過ちを認めキラと共に戦う事を誓う場面があります。前述の鈴村さんは「最終回でシンが『僕は間違っていた!』とか言ってキラと和解したら嫌ですね(笑)」などと語っていたこともありましたが、私個人としてはずっと苦しみ続けたシンに一筋の救いが見えたこの終わりはとてもすばらしいものではないかと思います。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:凛廻(キャラペディア公式ライター)

(C)創通・サンライズ

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ