大阪にまもなく誕生する"レゴの国"のマスターになろう 専属レ職人を一般公募

1月14日(水)8時0分 J-CASTニュース

LDC東京で活躍中の大澤よしひろさんは12年コンテスト優勝者

写真を拡大

   2015年5月に、大阪市内でオープンする「レゴランド・ディスカバリー・センター(LDC)大阪」専属のレゴ職人を選ぶ「マスタービルダーコンテスト」が15年2月に行われることになり、間もなく参加者の募集が始まる。

   エンターテイメント・レジャー企業のマーリン・エンターテイメンツ・ジャパン(東京都港区)は15年1月15日から「LDC大阪マスタービルダーコンテスト」の参加者をフェイスブック公式ファンページで募集する。



   優勝者1名がレゴブロックの作品やデコレーションを作るマスタービルダーとして、マーリン・エンターテイメンツ・ジャパンの社員として採用されLDC大阪で勤務する。



   選考は書類審査、面接、最終オーディション。レゴブロックによる作品制作のスキル、ユニークさ、子どもとのコミュニケーションやLDC大阪の魅力を語るスキル等が重視される。最終オーディションは一般公開される。応募受付は2月5日まで。コンテストは2月11日・12日の2日間。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大阪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ