BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

大河のヒロインが映す時代2〜バブル期を物語るしたたかな女性像

女性自身1月14日(土)12時0分
画像:女性自身[光文社女性週刊誌]
写真を拡大
女性自身[光文社女性週刊誌]

今年スタートした『おんな城主 直虎』で56作目となるNHK大河ドラマ。国民的番組のこのドラマは、つねに時代を映しつづけてきた。そこで、“大河のヒロインが映す時代”と題し、豪華な女優たちが演じたヒロイン像とその“時代”を、テレビウオッチャーでコラムニストの林操氏とともに振り返る−−。


■1983〜1992年「バブル経済」のマッチョな作品のなかで異彩を放った『春日局』の“女の強さ”


バブル景気に沸いた’80〜’90年代初頭。大河ドラマもまた沸き返っていた。上がり続ける地価と株価を、誰もが信じて疑わなかったこの時代、颯爽とした力強い女性主人公の登場が目立っていた。


「このころ、近現代物が3作続きました。好景気に後押しされ、新しいものに挑戦していったんでしょうね。そんな時代に、女優、女医、大奥のボスという『働く女』たちを主人公にした作品も放送された。イケイケの時代に、男と伍していく強い女性が望まれていたのでしょう」(林氏・以下同)


’85年の『春の波涛』では、明治時代に日本初の女優として活躍した川上貞奴を松坂慶子が演じた。元祖・働く女の物語だ。翌年には、三田佳子が演じる架空の女医が主人公の『いのち』(’86年)が放送される。これは「働く」「自立した」女性の一代記。


「日曜夜のチャンネル権は男が握っていた時代に、主婦が率先して大河ドラマにチャンネルを合わせた最初の作品かもしれません」


そして’89年には大原麗子演じる『春日局』が放送。男社会を生き抜くしたたかな女性像であり、大奥という女性社会をたばねた春日局の人生が共感を呼び、平均視聴率も30%を超えた。


「『男も女も敵』という状況を生き抜いていく姿は、まさにこの時代の象徴だったのでしょう」


浮ついた時代の中、女性は着実に強くなっていた。

Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「ヒロイン」「バブル」「女性」「ドラマ」の関連トピックス

「大河のヒロインが映す時代2~バブル期を物語るしたたかな女性像」の関連ニュース

注目ニュース
キングコング西野が激怒、テレビ収録中に途中退席 日刊スポーツ4月29日(土)17時29分
お笑いコンビ、キングコングの西野亮広(36)が、取材を受けた情報番組のディレクターの態度に不快感を覚え、収録途中で帰ったことを明かした。[ 記事全文 ]
大渕愛子を完全抹消!「行列のできる法律相談所」の席の配置が露骨すぎる アサ芸プラス4月29日(土)17時58分
一目瞭然の変化が視聴者をザワつかせてしまった。4月23日に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、番組が誇る…[ 記事全文 ]
峯岸みなみ、パラサイト宣言でAKB48崩壊を危惧する声 “2世タレントのクオリティ”で卒業後は茨の道? おたぽる4月29日(土)9時0分
24日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)に、AKB48の峯岸みなみが初出演を果たした。[ 記事全文 ]
松嶋菜々子「女の勲章」爆死で業界から「主演NG」が発令!? アサ芸プラス4月29日(土)17時59分
4月15日、16日に放送された松嶋菜々子主演のテレビドラマ「女の勲章」(フジテレビ系)の視聴率が、それぞれ8.1%と6.2%と爆死したこと…[ 記事全文 ]
小林麻央4日ぶりブログ更新「ママは約束し続ける」 日刊スポーツ4月29日(土)12時3分
乳がん闘病で入院中の小林麻央(34)が28日、4日ぶりにブログを更新した。小林は24日のブログで、鼻にチューブを通して横になった自らの写真…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア