ホラー映画『チャイルド・プレイ』:連続ドラマ化が決定

1月13日(月)6時6分 海外ドラマboard

1988年に登場した殺人人形チャッキーの恐怖を描く『チャイルド・プレイ』が、ドラマ化されます。米Syfy局で放送予定のドラマは、新たなストーリーとして制作すると発表しました。

ドラマ『チャイルド・プレイ』(Child’s Play)

『Chucky(原題)』と名づけられたドラマシリーズは、映画版のクリエイター/脚本家のドン・マンシーニも参加します。またドンは、ドラマのプレミアエピソードを監督することも明かされています。

さらに映画版のプロデューサー、デヴィッド・カーシュナーもドラマでエグゼクティブ・プロデューサーを担当します。

Syfy局のマッカバー社長は、30年以上も観客を恐怖に陥れてきたチャッキーを、初めてテレビに連れてきたことについて、非常に嬉しく思うと語りました。

1988年の映画『チャイルド・プレイ』は、6作の続編をもつシリーズ作として人気を誇ります。子どもが遊ぶ人形が人を襲うという斬新なストーリーは、ドン・マンシーニが脚本、デヴィッド・カーシュナーがプロデューサーというコンビで作られてきました。

2019年の映画『チャイルド・プレイ』(Child's Play)だけは新たな布陣で制作されています。

ドラマ『Chucky』は、ビンテージ・ドールとしてチャッキー人形がヤードセールに出されたあと、次々と起こる殺人事件がのどかな町の住民を混乱に陥れるというストーリーです。

また、町に渦巻く黒い秘密が明らかとなるとともに、チャッキーの因縁の相手の登場や、人形が殺意をもった理由などが明かされるようです。




(引用記事:https://variety.com/2020/tv/news/chucky-tv-series-syfy-2-1203463562/)



海外ドラマboard

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ