注目ワード中国・メディア 喫煙・朝日と東京 TOKIO・松岡昌宏 海自護衛艦・神奈川・横須賀基地 ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『国際市場』1000万人突破!…ユン・ジェギュン監督の2本、千万映画記録

KEJNEWS1月14日(水)10時27分
画像:『国際市場』1000万人突破!…ユン・ジェギュン監督の2本、千万映画記録
写真を拡大
画像:『国際市場』1000万人突破!…ユン・ジェギュン監督の2本、千万映画記録
写真を拡大
画像:『国際市場』1000万人突破!…ユン・ジェギュン監督の2本、千万映画記録
写真を拡大
画像:『国際市場』1000万人突破!…ユン・ジェギュン監督の2本、千万映画記録
写真を拡大

【14日=KEJ金善花】昨年12月 17日に公開され、韓国の全世代に感動と笑いをもたらした映画『国際市場』が観客動員数1000万人を突破した。これでユン・ジェギュン監督は09年の『海雲台(ヘウンデ)』の1145万人という記録に続き、韓国初の2作品観客動員数1000万人突破監督となった。

公開4日で100万人、8日目には200万人、15日目には600万人、翌日の16日目には600万人とロングヒットを飛ばしている『国際市場』が公開28日目となる1月13日に韓国映画として11作品目の観客動員数1000万人を突破した。

この映画の1000万人到達スピードはユン監督の前作である『海雲台』よりも6日早く、また『弁護人』(14)や『グエムル-漢河の怪物-』(06)『7番目の贈り物』(13)などよりも早いスピードである。

通常、公開されたあと時間が経つに連れて観客数は減っていくのに対し、『国際市場』は公開2週目、3週目を迎えても熱い観客数を見せている。

韓国初の“ダブル1000万”監督の称号を得たユン監督は「感謝しかない。『海雲台』が1000万を越えたときは嬉しくてワクワクしましたが、今はたくさんの観客の方々が僕の真心を少しでも分かってくれたのかと感謝の気持ちである。観客のみなさんには本当にありがとうという気持ちしかない」と感想を明かした。

『国際市場』の1000万人突破とともに俳優達もあらたな記録を打ち立てた。歴代級演技を見せたファン・ジョンミン、キム・ユンジンの主演俳優らは自らの出演作品のなかで最高のヒットスコアを記録し、“1000万俳優”になった。

激動の時代を生きてきた父親ドクスの演じたファン・ジョンミンは「本当に幸せだ。この喜びを観客の皆さんとともに分かち合いたい。『国際市場』の1000万人突破はすべての観客のおかげだ。本当に感謝する」と感激している様子。

ドクスの永遠の同伴者ヨンジャを演じたキム・ユンジンは「わたしたち全員のおじいさん、おばあさん、両親に感謝を伝える『国際市場』は私にとってとても意味のある映画だった。こうしてたくさん愛されたということが胸に響きます。これからも多くの応援を頂ければ嬉しい」と述べた。

また『国際市場』のダルス役で“韓国初の観客動員数合計1億人突破俳優”という大記録を打ち立てたオ・ダルスは「観客数よりも観客の皆さん見せてくれる愛がもっと意味があるし、大切だ。本当に感謝しているし、これからも韓国映画を深く愛してほしい」と伝えた。

監督と俳優に留まらず『国際市場』の配給会社CH E&Mも昨年、『鳴梁(ミョンリャン)−渦巻く海』と『国際市場』で2本の1000万映画を配給し、おめでたいことが重なった。CJ E&Mは09年『海雲台』で初の1000万映画を配給、以降12年に『王になった男』なども配給した。

『国際市場』は、やりたいことやなりたいものはおおくても、人生を1度も自分のために生きたことがないドクス。「大丈夫」と笑って見せては「よかった」と涙を流しながら大変だった時代を家族のために生きてきた父の話である。

ファン・ジョンミン、キム・ユンジン、オ・ダルスなどの演技は俳優の熱演、笑いと感動が交差するストーリー、韓国の激動の時代をリアルに再現した見所満載で全世代から好評を受ける映画『国際市場』は韓国で絶賛大ヒット上映中である。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
市場のまとめ写真 映画のまとめ写真 韓国のまとめ写真 観客動員のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「市場」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア