夏菜、男前度アップで美貌に磨き! 草なぎ主演ドラマで結果を残せるか

1月14日(木)10時0分 メンズサイゾー

 独立騒動の渦中にあるSMAP・草なぎ剛(41)が主演を務める連続ドラマ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)に、レギュラー出演する女優の夏菜(26)。年明けからバラエティに立て続けに登場した彼女の人気が、ネット上を中心に上昇している。


 本日スタートのドラマに先駆け、夏菜は同局の看板バラエティ『アメトーーク!』をはじめ、草なぎがメーンキャストを務める『「ぷっ」すま』や『中居正広のミになる図書館』などにゲスト出演。いずれの番組でも、視聴者からルックスを絶賛するコメントが寄せられた。


 特に『アメトーーク!』では、ミニスカ衣装で美脚を披露しており、多くのファンを虜にした。夏菜といえば、スレンダースタイルに似つかわしくない推定Fカップバストで人気も高い。だが、最近の彼女はさらに痩せたようにも見え、ファンの中には心配する人もいるが、美しさに磨きがかかっているとの声も大きい。


「夏菜さんは今月5日の新年初投稿となったブログで、前髪をかき上げたボーイッシュなヘアスタイルを披露して話題になった。多くのファンから『カッコよすぎます』といった反応が寄せられ、本人も『宝塚みたいって言われた』とコメントしていました。もともと、ショートカットのイメージが強い彼女は男前だと言われていましたが、その評判がかなり上がっているカタチですね」(ネットライター)


 『スペシャリスト』では、新人刑事役を演じる夏菜。その役作りが、男前という評価につながっているのかもしれない。


「これまで『スペシャリスト』は、特別ドラマとして4度放送されている。13年5月の第1弾では19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、いきなり高視聴率を記録した。さらに14年3月の第2弾で16.1%、15年2月の回でも14.8%と高い数字をキープしています。昨年の暮れに放送された回は12.1%で、徐々に下がっているとの指摘もありますが、最近のドラマ界を見れば十分といえる。


 この人気シリーズに、夏菜さんは連ドラから出演することになる。制作会見でも、ベースができあがっている作品に途中参加することには、『緊張がありました』と正直な気持ちを打ち明けており、プレッシャーもあったようです。また、役柄的にも主人公の草なぎさんの相棒といったポジションで、しかも秘められた過去を持つとのことですから、物語全体の鍵を握ることにもなりそうです。


 脚本を担当するのは、テレビ朝日の大ヒットシリーズ『相棒』を手がけた戸田山雅司氏ですから、ドラマファンからの注目度も高い。また、『スペシャリスト』の初回の直前には沢口靖子さん(50)主演の『科捜研の女』が放送されますが、ここに草なぎさんがゲスト出演することが発表されています。局もかなり力を入れていますから、結果が伴えば連ドラとしてシリーズ化も期待できそうです。夏菜さんの女優人生にとってもターニングポイントになるのかもしれませんね」(芸能ライター)


 11年公開の映画『GANTZ』で注目を集め、12年のNHK朝の連続テレビ小説『純と愛』ではヒロインを務めた夏菜。ゴールデンタイムのメジャーバラエティにレギュラー出演していた時期もある彼女は、知名度も人気も高い。だが、その後なかなか波に乗れず、昨年7月クールの『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)が、約2年ぶりの連ドラレギュラーとなった。


 そんな夏菜とすれば『スペシャリスト』では、改めて存在感を示したいところに違いない。SMAPの解散報道に日本中がざわついている中、草なぎ主演ドラマの注目度も高まることだろう。夏菜にも、男前になったと評判の美貌で話題をさらってほしいものだ。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ