「再現ドラマの女王」が大胆露出! 芳野友美、ラストDVDの過激セミヌードにファンの期待高まる

1月14日(日)11時0分 メンズサイゾー

 「再現ドラマの女王」「再現女優」などと呼ばれる女優の芳野友美(よしの・ゆみ/37)が、1月17日に最新のイメージDVD『ultimo(ウルティモ)』(双葉社)をリリースする。「最後の」を意味するタイトル通りにラストイメージ作品となるようだが、上半身セミヌードなどの大胆露出に挑んでおり、その過激さにグラビアファンが大注目している。


 芳野は『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)など人気番組の再現ドラマに300本以上出演してきた、知る人ぞ知る存在だった。昨年6月に『マツコの知らない世界』(TBS系)の「再現女優の世界」に出演したことをきっかけに知名度が急上昇し、その端正なルックスに魅了される男性視聴者が続出。2013年にリリースしたイメージDVDがAmazonのランキングで突如トップ3入りするという事態も起きた。


 この当時から「新作DVDを見たい」「もっとグラビアやってほしい」という声が多かったが、その期待に応えて久々にイメージ作品復活となったようだ。


 同作のジャケットでは、極小の変形ビキニでバストの谷間や下半身を大胆に露出。裏ジャケットはさらに過激になっており、Tバック状態のお尻丸出しショットやノーブラ状態の上半身セミヌードまで披露している。また、サンプル映像ではバストや太ももをマッサージされて吐息を漏らすシーンなどもあり、大人の色気が満載の作品になっているようだ。


 これにネット上の男性たちから「色気がヤバイわ」「大人のエロスがたまらん」「サンプル映像だけでもエロい」「柴咲コウに似てて超美人」「最後のDVDなんて言わないで〜」などといった声が飛び交い、ぐんぐんと期待が高まっている。


「もともと端正なルックスと抜群のスタイルでグラビアファンの評価が高かったのですが、『マツコ』効果によって知名度が高まったことで人気が急騰。昨年12月にはファン待望のファースト写真集『或る女』(双葉社)をリリースし、大胆なセミヌードを披露しました。久々のイメージDVDはドラマ仕立てになっており、セクシー度だけでなく『女優』としての色気あふれる演技も見どころ。大人のオンナの魅力をこれでもかと振りまいており、ラスト作品になってしまうのが惜しいですね」(アイドルライター)


 男性人気の高まりの影響もあってか、昨年は渡辺直美(30)主演のドラマ『カンナさーん!』(TBS系)にレギュラー出演し、豪華キャストが話題になったドラマ『監獄のお姫さま』(同)の第2話にも登場するなど、再現ドラマ以外でも女優としての活躍が目立ってきている。残念ながらイメージDVDは今作がラストとなってしまうようだが、グラビア活動の集大成ともいえる作品であるだけに期待はふくらむばかりだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

BIGLOBE
トップへ