復活してほしいバンド1位「ジュディマリ」が再結成の動き?

1月14日(水)19時0分 messy

『OrangeSunshine』エピックレコードジャパン

写真を拡大

 今年、13年前に解散したバンド・JUDYANDMARYに再結成の動きがある、と「週刊女性」(主婦の友社)が報じた。同誌では、「ギターのTAKUYA(43)が復活を漏らしていた」と音楽関係者が明かし、秋〜冬を予定しているという。「YUKI(42)は子育てが落ち着き、TAKUYAらメンバーも当時のわだかまりは解けたみたいで、そろそろ一緒に、という気持ちが出てきたんでしょう」とのことだが、当のTAKUYAが所属する事務所は「再結成するなんて話は聞いてません」とすげない。

 2013年に同誌が女性1000人に聞いた『もう1度、再結成してほしいアーティスト』では堂々の1位を獲得したというジュディマリ。2008年のgooランキングによる「再結成して欲しいバンド・グループ」では、BOφWY(ボウイ)、プリンセス・プリンセス、オフコース、レベッカに次ぐ5位だったが、マイナビ2013年12月の「復活してほしいバンド、ミュージシャンは?」調査では1位、オリコンの「復活してほしいバンド」ランキングでも13〜14年は連続でジュディマリが首位だった。

 それだけバンドとしての活動を望むファンが現存するというのは意外だが、思わず「あのバンドも復活するのでは?」と期待してしまうような音楽業界の現状もある。一度は解散したものの、前出のプリプリや、ユニコーン、LUNASEAなどは再結成してかつてのファンたちを熱狂させている。

 だがしかし。ジュディマリが結成されたのは1992年。99年の休止期間を経て01年に解散。今思えば、10年に満たない活動期間だった。その後02年からYUKIはソロシンガーとして活躍しているが、今やソロ13年めだ。全国ツアーを敢行するだけの人気はまだあり、彼女に関しては今さらバンドを再結成する理由が見当たらない。ただ、01年当時、解散の理由としてもっとも有力だったのはメンバー同士の不仲であり、複雑にこじれた人間関係が修復不可能だったためといわれている。そのもつれた糸が10年以上の歳月を経てようやくほどけ、円満に結び直されたことの証明としての「記念復活ライブ」くらいなら、可能性もなくはない? 音楽家として成熟したメンバーが再び集まり、若かったあの頃とは違う新たなバンドサウンドを生み出してくれることを期待するファンも多いのかもしれないが……。(犬咲マコト)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バンドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ