NEWS・手越祐也がフットサル大会で優勝&MVP!アイドル活動に支障が出るほどのめり込むフットサル&サッカー愛

1月14日(土)23時0分 messy

 アイドルグループNEWSの手越祐也がフットサルの大会でチーム優勝を飾り、さらに個人賞としてMVPを受賞したという。手越が出場したのは、音楽も蹴球も好きな様々なジャンルの業界人で行われるフットサル大会「音蹴杯」。同大会にはミュージシャンの所属するフットサルチームも多く、レミオロメンやナオト・インティライミも出場者に名を連ねる。

 手越は2013年の大会で、スキマスイッチの常田真太郎がとりまとめる「SWERVES」に所属して出場。同年「SWERVES」は決勝トーナメント1回戦で敗退してしまったが、サッカー好きの芸能人たちが大勢いる中で手越がMVPを受賞した。

 2014年からは自身のチーム「TGS」として大会に参加、3年目となる今年、ついに初優勝を飾り、2度目のMVPを獲得! これには「手越ってそんなサッカー上手いの!?」「忙しいはずなのにどんだけ練習してんだ」と驚きの声が続出している。

 実は手越は幼稚園に通っていたころからサッカーを始め、今も毎週のようにトレーニングに励んでいるという根っからのサッカー好き。これは『FIFAクラブワールドカップ ジャパン』(日本テレビ系)の2012年大会からキャスターを務めてきたことや、2014年にブラジルで行われた「FIFAワールドカップ」の日本テレビ系でのメインキャスターを務めたこと、サッカー番組『サッカーアース』(日本テレビ系)のMCを務めていることから世間にも知られているようだ。

 ただ、本人がプレイヤーとしてどれほどサッカーに入れ込んでいるかはあまり知られていない。実は手越は仕事よりもサッカーを優先してしまうほどだそうで、翌月のサッカーやフットサルの試合や練習スケジュールをマネージャーに伝え、それ以外の日に仕事を入れるよう調整してもらっているというから、その本気度は並大抵じゃない。



 さらに取材や番組出演の仕事が入っている日でも、仕事をこなした後でフットサル場へ向かうこともあるという。2013年の「音蹴杯」の大会の際は、試合終了後にチームの打ち上げに参加せず『サッカーアース』の生放送に向かったというから、サッカーの練習の日を確保したうえで、仕事の合間にサッカーのスケジュールをねじ込んでいるのかもしれない。手越のサッカー&フットサル好きを知るファンの間では「さすがにフットサルしすぎwww」「仕事の合間にフットサルやってるのか、フットサルの合間に仕事やってるのか…」「すごいハードスケジュールでクタクタなはずなのに、これだけフットサルに時間割くなんて信じられない」といった声が飛び交っている。

 特に芸能人御用達の隠れ家的なフットサル場で練習しているわけではないようで、一般人の目にさらされるフットサル場で普通に手越が練習している姿を目撃したという情報が数多く上がっている。TwitterなどのSNSでその練習の様子がアップされることも少なくなく、肖像権に厳しいジャニーズアイドルにもかかわらず、ジャニーズとしての立場よりもサッカー&フットサルへの愛情が勝ってしまっているもようだ。そんな手越についてNEWSメンバーの小山慶一郎などは、「フットサルばっかりやってて怪我したりもするし、アイドル活動に支障が出てる」と語っており、あまりの入れ込みように仲間からも呆れられているようだ。

 人目も気にせずフットサル場に出現したり、スケジュールをフットサル優先で決めてしまうあたりが、自由な手越らしくて微笑ましい。ただ、あまりに熱を入れすぎてメディア露出が減るなんてことだけは、ないようにしていただきたい。もちろん怪我にも十分注意してほしいものである。

(ゼップ)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サッカーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ