BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る (1) "エセ"ではない優しさをもった3人

マイナビニュース1月14日(土)11時45分
画像:トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る (1) "エセ"ではない優しさをもった3人
写真を拡大
デビュー20年を経て、CD売上増、紅白歌合戦出場など新たな姿を見せているアイドルグループ・V6。年下の3人はComing Century、年上の3人は20th Centuryというユニットを組み、それぞれの活動も行われている。

坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の3人からなる20th Century、通称トニセンは、CDやコンサート、舞台などで3人の活躍を見せており、これまでユニットとしての作品も多数存在する。全員が40代となっているが、2017年1月からは、完全オリジナルで新作の舞台 TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』を発信することとなった。発表されるやいなや多くの読者から反響を呼び、また「ぜひ取材してほしい」というリクエストもあったこの作品。今回は作・演出を務め、舞台の鍵を握る演出家/劇作家のG2に話を聞いた。

○3人がそろうなら、自分が演出したい

——今回の作品について、けっこう前からあたためていたというようなお話を伺いました。

ちょうど2年前に、3人が中心となった『ON THE TOWN』というブロードウェイのミュージカルがあって、翻訳・訳詞だけで関わっていたんです。でも3人が久々に集まるのに、「なんで俺が演出してないの?」という思いを抱いていて(笑)。

ブロードウェイのミュージカルですし、仕方ないなと納得していたんですけど、悔しいなと思っていたら、「今度は3人だけで何かをやりたいと考えている」という話を聞かされて、「それはぜひやらせてよ」と申し出ました。イノッチが『ON THE TOWN』打ち上げ中にもう、「G2さんがやってくれるって」と話を通していたので、向こうも「しめしめ」と思っていてくれたのかもしれません。

——たとえば劇団などではない商業的な舞台で、自発的に公演が出来上がることはあるんでしょうか?

出演者発信というのはなかなか難しい部分もあるので、珍しいでしょうね。

——そこに2年ほどかけて準備をされたきたんですね。

いや、2年ほどかけて、うだうだしてきました(笑)。集まってはなんてことない話をしながら、方向性を模索しまして。"うだ話"という形式からスタートしたために、こういう作品になったのかもしれない、というのもありますね。ご覧になっていただいたらわかると思います。今までそれぞれとは仕事をしてきたのですが、他の人から聞いた話で見えてくることもありますし、本人のエピソードなども生かしています。

○驚きの初対面

——先ほど「3人がやるなら自分が演出したい」というお話がありましたが、そろった時の具体的な良さはなんだと思いますか?

トニセンの3人と接していると、幸せになれるんですよ。その状態でものづくりができたらこんなに幸せなことはないというか。うまく言葉で伝えられないですけれど、3人が何か、人間としての潤いのコーティングを共有して包まれている、みたいな感じ。それで、そのコーティングの中に「俺も入りたいなあ」という気持ちにさせられるんです。

——その潤いのコーティングは何か、理由があるんでしょうか?

3人が苦労してきたということはあるのかもしれません。その苦労を、見ている人の胃がきりりと痛む方向で出さないのは、みんなに喜びを与える仕事をやっているという自覚ゆえなのか、良い方向に転化することを身につけた結果なのか、元々の天賦の才能なのか。そもそも、そんな3人をひとまとめにして、"トニセン"と名乗らせたジャニーさんがすごいのか、定かではないんですけど。

初めて3人に出会ったのは、酔っぱらったイノッチを、別の店でダーツ中の坂本くんと長野くんのところに送り届けた時なんです。届けに行ったら2人が、イノッチを「その辺に転がしといてください」と言ったのが、エセっぽい優しさではなくて、本当の優しさに感じて。その時から、「3人でいる姿はいいなあ」と思っていたんですよ。

——それはすごい初対面ですね。

イノッチが酔っ払っちゃって、「どこに帰るの?」と聞くと、「坂本と長野がダーツしてるから、そこに行きたい、行きたい」と言うから(笑)。大阪だったんですけど、「あの町のあたりで」「どの辺?」「こっちだ」といったやり取りで連れ歩いたのに全然見つからなくて。イノッチはもうふにゃふにゃですし、本当にどうしようかと思いました。

そしたらあるビルの窓から、坂本くんと長野くんがダーツしている姿がふっと見えて「あそこじゃない!?」って、嘘みたいな展開(笑)。大体は場所が合っていたから見つかったんですけど、イノッチが言っていたビルとも違いましたからね。さすがに十数年前の話なので、今はイノッチもそんなことにならないと思うんですけど(笑)。

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「トニセンと仕事をすると幸せになれる!? 演出家・劇作家のG2が、40代の3人が挑む新作舞台のポイントを語る (1) "エセ"ではない優しさをもった3人」の関連ニュース

注目ニュース
川崎希、夫の不倫に激怒 アレクは言い訳「誤解解くからちょっと待ってて」 オリコン3月24日(金)12時7分
元AKB48でタレントの川崎希(29)が24日、自身のブログを更新し、この日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で不倫が報じられた夫…[ 記事全文 ]
フジ中村光宏アナ「めざましテレビ」卒業 「9年間お疲れさま」「寂しくなる」と惜しむ声 モデルプレス3月24日(金)13時33分
【中村光宏/モデルプレス=3月24日】フジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」でキャスターを担当してきた中村光宏アナウンサーが、24日の…[ 記事全文 ]
爆笑問題・太田光の「WBC打ち切れ」発言に大ブーイング アサ芸プラス3月23日(木)17時59分
なぜ、言う必要があるのか?現在開催中のWBCで無敗で決勝トーナメントに駒を進めた侍ジャパン。[ 記事全文 ]
鈴木奈々、“号泣ショット”披露に「あざとすぎる!」と批判の声 “ケンカ後に燃える”に「もう飽きた」 おたぽる3月24日(金)9時0分
20日、タレントの鈴木奈々が自身のインスタグラムに、「朝から号泣号泣後の顔です。ブスです。」と、目が涙で潤んだ自撮り画像をアップ。[ 記事全文 ]
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』がアニメ化 ラプラスの箱をめぐる事件後を描く BIGLOBEニュース編集部3月24日(金)13時52分
サンライズが運営する「矢立文庫」で連載中の小説『機動戦士ガンダムTwilightAXIS』のアニメ化が24日に発表された。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア