高橋一生、他人の嘘は「呼吸でわかる」 "イセ子"として女性の気持ちに

1月14日(日)20時27分 マイナビニュース

俳優の高橋一生が14日、都内で行われた映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)の「新成人も集まれ! 嘘を愛する女性限定試写会」に、長澤まさみとともに登場した。

同作は2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015』で、初代グランプリを勝ち取った中江和仁のオリジナル脚本による映画。業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤)は、くも膜下出血で倒れた同棲中の恋人・小出桔平(高橋)の経歴が全て嘘だったことを知り、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)を頼り正体を探っていく。

会場に集まった女性ファンたちとともに、「騙女(だまじょ)危険度診断」に挑んだ2人。女性の気持ちになりきって答えて、というオーダーに高橋は品をつくり、長澤が「イセ子」と命名する。「気になる人にかけてほしい眼鏡は?」「理想の運命的な出会いは?」など2択の質問に、札のピンクと青を示して回答していった。

最終的に長澤がピンク2個、高橋がピンク0個という結果になったが、これは「騙女危険度10% 超ストイック 人間嘘発見器」という診断に。長澤は「心当たりはあります。結構人の嘘、気づきます。会話かなあ。出てくる言葉とか」と嘘を見抜きやすいことを告白した。

また高橋は「イセ子は、呼吸とかでわかるのかなあ」と答え、長澤も「エスパー!?」と驚く。高橋は「息の感じとか、ありますからね」と独特の嘘発見方法を語った。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高橋一生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ