『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版、第4話&第5話の先行カット

1月14日(火)17時0分 マイナビニュース

2020年1月から放送開始となったTVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版より、第4話&第5話ののあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版 第4話&第5話のあらすじ&場面カット

■新編集版 第4話「ロズワール邸の団欒」
エルザとの戦いで深い傷を負ったスバルは、どうにか一命をとりとめ、ルグニカ王国のメイザース辺境伯であるロズワールの屋敷へとやってきていた。そこでスバルはルグニカ王国には現在、王が不在であること、そしてエミリアが次の王になる資格を持った王候補の一人であることを知る。ロズワールは次の王を選ぶ王選に参加するための資格である徽章を取り返し、身を挺してエミリアを救ったスバルに対して望むままの褒美を出そうと申し出る。
(脚本:横谷昌宏、絵コンテ:迫井政行、演出:徳本善信、作画監督:野田康行)

■新編集版 第5話「約束した朝は遠く」
ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々仕事をこなし、ついにはエミリアとのデートの約束を取り付ける。しかし約束の日が訪れることはなく、スバルは屋敷にやってきた初日に戻ってきてしまう。命を奪われるようなことなど何も起きていないのにも関わらず、いつの間にか死に戻ってしまったことに混乱するスバルだったが、エミリアとのデートの約束を果たすため、前回をなぞるように再び行動を始める。
(脚本:横谷昌宏、絵コンテ:岡本学、演出:高島大輔、作画監督:明珍宇作/北原大地)

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版は、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会

マイナビニュース

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ