志村けん『バカ殿』“白塗り”が薄過ぎ!シワ隠しでメイクが変化?

1月14日(月)10時56分 まいじつ

1月9日に放送された『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)新春SPに対し、ネット上で志村けんの老いを指摘する声が続出している。


【関連】志村けん『バカ殿』白塗りでも“醜いシワ”に「肝臓がん」の心配 ほか


志村といえば、5人組コント集団『ザ・ドリフターズ』の一員として昭和の時代から活躍する、言わずと知れた生けるレジェンド。しかし、近年は加齢に伴う健康不安も目立ち、2016年には肺炎により主演舞台を公演中止に追い込んでしまった。


昨年11月に放送された「バカ殿」でも、視聴者からは「志村けんってこんなに老けてたっけ?」「頬ダルダルでシワだらけ」などといった悲痛な声が。おなじみの“白塗りメイク”越しからも分かる老け込み具合は、ネット上でも話題となった。





昔は「青く見える」ほど濃かった!?


そして新春SPに対しても、ネット上では、



《シワシワ感すごいな… 白塗りだとめちゃ目立つ》

《白塗りをすると陰影が目立ってシワがすごい》

《志村けんの老化が止まらない件》



などとの声が。また、



《今回のバカ殿様、顔の白塗り薄くね?》

《濃いとシワが目立つから薄くしたのかな》

《地肌がちょっと透けてる》



など、メークの薄さを指摘する書き込みも散見された。


さらに、志村と付き合いが深い芸人も、冗談交じりとはいえ“白塗りが薄い”と感じているようで…。


「近年、志村との付き合いを深めているお笑いコンビ『千鳥』の大悟が、昨年末に放送された『クイズ☆正解は一年後』で、『バカ殿』のメークをネタにしたんですよ。大悟は『ドラゴンボール超』の次回予告を予想する大喜利の中で、《昔よりバカ殿様の白が薄くなった様な気がする》《昔は何ていうか白がもっと濃いくて分厚ちい感じがした》《ぜってぇ昔の方が白が濃いかったと思う》などと志村をイジり、《白すぎて青》とのフレーズでスタジオの爆笑をさらいました」(お笑いライター)


ネタとして志村をイジった大悟だったが、内心では“薄さ”を本気で心配していたのかも!?



まいじつ

「志村けん」をもっと詳しく

「志村けん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ