たんぽぽ川村、TENGA社長との破局の背景語る

1月14日(土)15時26分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコ(37歳)が、1月13日に放送されたバラエティ番組「りゅうちぇる×ちゃんねる」(AbemaTV)に出演。昨年大みそかに更新したブログで明かした、アダルトグッズ・TENGAの松本光一社長との破局について、その背景を告白した。

この日、川村は「皆さん、はじめまして〜、小学生の頃のあだ名は“粘土”でした」と自己紹介しながら登場。今回のロケ地である東京・下北沢について、りゅうちぇるから「(普段)下北沢来る?」と問われると、川村は「ブスは下北沢詳しいから」とコメントし、その理由を「ヴィレヴァン(ヴィレッジヴァンガード)好きだから。すぐ行っちゃうもん!」と回答した。すると、りゅうちぇるも「僕もめっちゃ行く! 昔ヴィレヴァンで売っていた黄色いマスカラとか塗ってアパレルで働いていた時に出勤していたんだけど、『これ花粉じゃない?』って言われてディスられていた!」と当時の思い出を語った。

そして話は“恋バナ”に。りゅうちぇるが「川村さんはどんな人が(タイプ)……、この間別れたよね〜? ネットニュースで見た!」と斬り込むと、川村は「去年、年末に別れちゃいましたけど」と回答。

りゅうちぇるから「何で別れたの?」とさらにツッコんで聞かれると、川村は「時間が合わなかった。向こうが忙しいから! 時間問題! だって、会えない距離にいて会えないのと、会える距離にいて会えないのは違うじゃん。でも何がいけなかったのかわかんないなぁ。よく猫背とかは注意されてたんですけど…」と、破局の背景を告白した。

また、クリスマスをどう過ごしたのか聞かれると、「クリスマスは(ジングルベルではなく)“シングルベル”だった」と、寂しそうな表情を浮かべる川村に、りゅうちぇるは「2017年は幸せにならなきゃ! 女の子は誰でもプリンセスだから! 幸せに触れてないと、川村さんこのまま河童になっちゃうよ!」とりゅうちぇる節溢れる激励を送っていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

たんぽぽをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ