『東京コスモ』やコマ撮りの高校生が話題だった昨年 今年の自主制作界隈は果たして?

1月14日(木)20時0分 おたぽる

『東京コスモ』は出身校でも激励

写真を拡大

 年が明け、また卒業制作展のシーズンがやってきた。早いところでは、1月13日から17日までの名古屋学芸大学や1月15日から18日までの武蔵野美術大学などがある中、例年2月から3月まで、各地で今後を占う作品をまとめて見られる機会になっている。

 昨年の年始はYouTubeの開設から10周年ということと合わせて卒業制作や自主制作などを振り返ってみたが、今回は話題となった『東京コスモ』を導入として数作品を取り上げてみよう。


■公開1カ月で100万再生の『東京コスモ』 卒業後も自主制作を続ける根気次第?
 昨年の話題作『東京コスモ』は、YouTubeにて昨年10月末の公開から1カ月で100万再生の大台に乗った。注目度を含め、商用展開しても遜色のない作品という観点では、2009年の『フミコの告白』(石田祐康)に匹敵するともいえ、10年代初となる待望の大ヒット作品が登場したことになる。

 並行して応募している映画祭やコンテストでも評価が高く、富山で開催の「水辺の映像祭スフィア2015」でグランプリなどを獲得。名古屋にある出身校のトライデントコンピュータ専門学校も激励するかたちとなり、「国際デジタルアニメーションフェスティバルNAGOYA 2015」でも準グランプリとなった。

 ちなみに「国際デジタルアニメーションフェスティバルNAGOYA 2015」で審査委員長を務めているのはポリゴン・ピクチュアズの塩田周三社長である。老舗のCG制作会社である同社はアニメ『シドニアの騎士』以降、アニメファンにも広く知られるようになった。塩田社長は以前より映画祭やコンテストでの審査経験が多いので、マメに応募している人なら1度は名前を目にしたことがあるはずだ。

 なお『東京コスモ』の作者が所属しているのは著名な映像制作会社の白組であることから、上手くて当然との意見も聞かれる。しかし本作は社内で企画された作品でなく、入社後に4年かけて業務の合間に制作した、れっきとした自主制作なのだ(卒業制作の『CHILDREN』は昨年の本文でも触れている)。

 企業が制作するオリジナルの短編作品(ショートシリーズ含む)は、ビジネスが前提かつ予めアウトプット先が決まっていることが多い。だが、例えば3、4年前では映像制作会社の太陽企画に所属するクリエイターたちの自主制作作品が健闘していた。映画祭やコンテストでは商用の短編よりも学生作品が主流となりがちな中、オリジナルや通常業務の傍らに合間を縫って行う自主制作が、かなり根気を要することになるのは想像に難くない。


■話題となった高校生のコマ撮り そして卒制展の幕開けを飾る大学の注目作品 
 一方で昨年は、学生は学生でも大学生や専門学校生ではなく、高校生の作品が脚光を浴びた年でもあった。コマ撮り作品『故障中』よりも先に、Twitterで話題となりtogetterにまとめられた「高2男子が趣味で作るジオラマが凄すぎると話題」や、デイリーポータルZに掲載の記事「本物? 天才高校生の作るジオラマがスゴい。」などで拡散されていたのを覚えている人もいることだろう。

 早くも進学後が楽しみになってくる出来だが、このほか高校時代に話題となった例では、黒板アーティスト・れなれなを思い出す人も多いに違いない。昨年1月に学校でコッソリと黒板に描いた『アナと雪の女王』のツイートが大反響となり、同4月に刊行の『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき/KADOKAWA)の装画に抜擢、さらに同10月からオンエアされたカロリーメイトCM『見せてやれ、底力。』篇では、34名でコマ撮りパートを制作するという展開になった。

 最後に大学生の作品を紹介して終わりにしたい。この『愛をこめて』は、名古屋学芸大学の1年次に制作された作品。ICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)2015でも選抜され、上級生の作品とともに上映されている。卒業までの間、どれだけの作品を制作することになるのか、どのような作品が完成することになるのか気になるところ。

 そしてこちらの『皆川てるおの手紙』は、3年次の制作である。昨年、第13回インディーズアニメフェスタで大賞<三鷹市賞>を受賞。作者は武蔵野美術大学の在籍なので、新作は卒業制作展で見られるのではないだろうか。また、学生以外の自主制作からも話題を集める作品が出てくるのかどうか。今後も期待していきたい。
(取材・文/真狩祐志)

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ