BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

2016年はアニメ化に期待!? 1周年を迎えた『刀剣乱舞-ONLINE-』の人気ぶりから炎上事件までを振り返る

おたぽる1月14日(木)22時0分
画像:『刀剣乱舞-ONLINE-』プレイ画面より。
写真を拡大
『刀剣乱舞-ONLINE-』プレイ画面より。

 1月14日、人気ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(以下、『刀剣乱舞』)がサービス開始から1周年を迎えた。これを受けて「山姥切国広という刀剣男士を世に放ってくれてありがとう」「まさか青江にこんなにハマるとは思ってもいませんでした」「本丸にじじいが来なくて1年か……」といった声が“審神者(さにわ)”から続々と上がっている。だが、「まだ1周年か」といった驚きの声があるように、『刀剣乱舞』はまだまだ1年目。だが、この1年の間に『刀剣乱舞』ではさまざまな出来事があった。1周年という節目に、これまでの『刀剣乱舞』を振り返りたい。

 審神者なら説明不要だが、改めて説明すると『刀剣乱舞』とはDMMゲームスとニトロプラスが共同制作したブラウザゲーム。DMMゲームスは、艦艇を擬人化した『艦隊これくしょん〜艦これ〜』も有名だが、史実にまつわる刀を擬人化した“刀剣男士”が多数登場する。『刀剣乱舞』は織田信長が所有していた「へし切長谷部」や、土方歳三が使っていた「和泉守兼定」などいった“かっこ良くて強い!”(かわいくて強い)刀剣男士を集め育成し、歴史の改変を目論む敵勢力の討伐を目的としたシミュレーションゲームとなっている。

 そんな『刀剣乱舞』は、2015年1月14日にサービス開始されるやいなや、爆発的な人気を集め、サービス開始からわずか半月でユーザー数50万人を突破。用意されていたサーバーは即満員となってしまい、サービス開始後に『刀剣乱舞』の噂を聞きつけやってきた人はすぐにプレイができないという状況が続いた。

 サービス開始早々から、15年の覇権ジャンルとも言われた『刀剣乱舞』。だが、たびたび騒動も話題に。「加州清光」と「大和守安定」のイラストがネットの写真を無断でトレースした、いわゆるトレースパクリだと疑いがかけられたり、「鶴丸国永」の担当絵師がTwitter上で公開したイラストの帯の結び方を巡って「カルタ結びは男がやると男色受けみたいな意味がある」と物議が醸される騒ぎもあった。

 これに対し公式側は「トレースを行ったものではありません」「ゲームに実装されているイラストは差し替えを行う予定はない」と、それぞれに対し声明を出したが、その後にはアイテムやアイコンにも“トレパク疑惑”が浮上。こちらに関しては、「権利処理において問題がある」と過失を認め謝罪、問題のあったアイテム・アイコンは差し替えが行われたことも。

 だが、そんな“重傷”を負ったのにもかかわらず、『刀剣乱舞』はその後もめきめきと人気を伸ばすことに。「三日月宗近」が展示された東京国立博物館、現在「へし切長谷部」と「日本号」を展示中の福岡市博物館など、刀剣の展示会が行われると審神者たちが博物館に殺到したり、また好きな刀剣男子の模造刀を購入する審神者も現れるなど、ゲームを飛び越えた現象も起きた。この現象はメディアにも取り上げられ、のちにゲームをきっかけに刀に興味を持つ女性を指す「刀剣女子」という言葉が15年の「流行語大賞」にノミネートされるまでとなった(当の審神者は、「刀剣女子って誰?」状態だが……)。

 ほかにも、戦後の混乱で失われた「蛍丸」を復元する資金をクラウドファンディングで集めていた「蛍丸伝説プロジェクト」に約3,920万円(1月14日現在)もの資金が集まっているのも人気の証拠と言えるのではないだろうか。

 だが、その一方で、一部の審神者の博物館でのマナーの悪さがネット上で指摘されたのも事実。ほか、寺院や個人宅など撮影禁止の場所でのコスプレ撮影をする審神者もネットで報告され話題となった。また、「蛍丸伝説プロジェクト」の大成功を受けてか、“実現する「大倶利伽羅」を甦らせる”といった、なんともとんちんかんなクラウドファンディングプロジェクトが立てられ、審神者から「大倶利伽羅は現存してるでしょう?」「大倶利伽羅はお前らの金儲けの道具じゃない」と総ツッコミが入り、炎上したのも記憶に新しい。

 刀剣男士だけでなく、“リアル刀剣”への注目も高めた『刀剣乱舞』だが、昨年6月には最近流行りのミュージカル化、舞台化を発表。すでにミュージカルは昨年10月にトライアル公演として上演された。まさかのライブパートありという構成に困惑する審神者が続出したが、いざ上演されると「演出がすごい」「ライブパートが神すぎる」となかなか好評だった模様。

 その後は、なんとミュージカルのキャストが“刀剣男士team三条with加州清光”としてCDデビューすることとなり、1日に発売されたCD「刀剣乱舞」はオリコンデイリーCDランキング1位を獲得する快挙を達成。ちなみに、刀剣男士team三条with加州清光は2月8日に公開収録される『MUSIC JAPAN』(NHK)に出演することが決まっている。いきものがかりや橋本環奈などと共演するというのだから驚きだ。

 1周年を目前に控えた13日には、システムメンテナンスが行われ、審神者のレベルが99から300まで上げられることとなり、審神者が刀剣男士(最大レベル99)のレベルを超えるというまさかの事態に。これに「レベル300の審神者とかゴリラしか想像できない」「え、審神者が前線行って刀振り回すなり大砲撃つなりしたほうがいいんじゃないの??」と審神者は騒然となっているが、ある意味盛り上がっているのもこれまた事実。

 サービス開始以降、『あんさんぶるスターズ!』や『アイドリッシュセブン』などの人気スマホアプリ、またアニメ『おそ松さん』など、女性人気を集める作品が続々出てくる中、今も変わらず人気を集める『刀剣乱舞』。2年目に突入した『刀剣乱舞』は今後、どのような動き、そして人気を見せるのだろうか。

 とりあえず、3月26日に行われる「Anime Japan 2016」に『刀剣乱舞』のスペシャルステージがあることから、アニメ化を期待する声が上がっているが、“撃沈した”アニメ『艦隊これくしょん』を受けてか、あまり乗り気でない審神者も多いようだが、今後の展開に期待したいところだ。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
LINEのまとめ写真

「LINE」をもっと詳しく

注目ニュース
過激シーン続出の野島ドラマ 今後の主戦場は動画サービスか  NEWSポストセブン9月24日(日)7時0分
野島伸司氏が脚本を手掛けたHuluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』。主演の佐々木希がセックス依存症に悩む女性を熱演する同作は、過激…[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
三愛水着楽園イメージガール・熊江琉唯、グアム政府観光局から「ハファディ・アワード」を贈られる オリコン9月24日(日)7時30分
2017三愛水着楽園イメージガール・熊江琉唯が23日、東京ビッグサイトで開催中の「ツーリズムEXPOジャパン」内グアム政府観光局のブースで…[ 記事全文 ]
しょこたんの愛猫マミタスが急死 ナリナリドットコム9月23日(土)20時30分
タレントの中川翔子(32歳)が9月23日、自身のTwitterで、愛猫のマミタスが急死したとファンに報告している。[ 記事全文 ]
村野武範、ステージ4のがん告白「3カ所に転移」 日刊スポーツ9月24日(日)7時37分
ドラマ「飛び出せ!青春」や料理番組「くいしん坊!万才」のリポーターで知られる俳優村野武範(72)が23日、佐賀市で行われたイベントで、ステ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>モデルプレス9月23日(土)10時0分
2 しょこたんの愛猫マミタスが急死ナリナリドットコム9月23日(土)20時30分
3 過激シーン続出の野島ドラマ 今後の主戦場は動画サービスか NEWSポストセブン9月24日(日)7時0分
4 「安室奈美恵は私に憧れてくれた」 観月ありさの「エール」にカチンときた人たちJ-CASTニュース9月23日(土)16時33分
5 香取慎吾、最終回出演前ファンに笑顔で手を振る日刊スポーツ9月23日(土)20時16分
6 吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!アサ芸プラス9月23日(土)17時59分
7 スマステ現場が観光地化!? 報道&口コミで野次馬・家族連れ続々オリコン9月24日(日)5時0分
8 三愛水着楽園イメージガール・熊江琉唯、グアム政府観光局から「ハファディ・アワード」を贈られるオリコン9月24日(日)7時30分
9 New 村野武範、ステージ4のがん告白「3カ所に転移」日刊スポーツ9月24日(日)7時37分
10 UCガンダム立像、台場に立つ “初代”超える全高約20メートルオリコン9月23日(土)19時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア